星野リゾート

星野リゾート

  • 青森屋

【青森屋】自分で漉(す)いたりんご輪紙(わし)を使ってりんご灯篭を作るアクティビティ 「私(わ)だげのりんごっこ作り」実施|期間:2022年9月1日~11月28日

  • 青森屋

青森の文化を目一杯満喫できる温泉宿「星野リゾート 青森屋」では、2022年9月1日から11月28日までの間、自分で漉いたりんご輪紙を使ってりんご灯篭を作るアクティビティ「私だげのりんごっこ作り」を実施します。りんご輪紙は、りんごをジュースやジャムに加工した際に残る種や皮を再利用して作られる紙で、青森県で生まれたものです。通常は和紙漉き職人により作られていますが、青森屋ではお客様自身の手でりんご輪紙を漉きます。これまで、りんご輪紙を作る体験を実施してきましたが、「日常生活でも使えるアイテムを作りたい」という声に応えて、今年は灯篭作りを加えました。1日目にりんご輪紙を作り、一晩かけて乾燥させ、2日目はりんご型の骨組みに貼り付けて灯篭を作ります。

背景
青森屋は「のれそれ(*1)青森 ~ひとものがたり~」をコンセプトに、伝統工芸品の制作体験ができる「あおもり工房」をはじめ、様々な形で青森の文化を伝えるプログラムを実施してきました。また、秋はりんごの収穫期で、青森屋ではりんごをテーマにした「じゃわめぐりんご祭り」を開催しています。その一環として、りんごにまつわる体験を通して青森の文化を感じていただきたく、りんごを加工する際に捨てられてしまう種や皮などを再利用して作られる、青森生まれのりんご輪紙を使ったアクティビティを考案しました。自宅に帰ってからも旅の思い出と共に飾っていただけるように、自分で漉いたりんご輪紙を使ってりんご灯篭を作るアクティビティ「私だげのりんごっこ作り」を実施します。
*1 青森の方言で目一杯という意味。

【体験の流れ】
1日目 自分の手で漉く、りんご輪紙漉き体験


通常は和紙漉き職人により作られるりんご輪紙を、自分で漉くことができます。りんご輪紙は、和紙の原料に混ぜたりんごの種や皮が、紙の表面に点々と模様のように現れるのが特徴です。すくい上げる量とならし方によって厚みが変わるため、自分好みの厚さに調整してりんご輪紙を2枚作り、翌日まで乾燥させます。

2日目 自分で漉いたりんご輪紙を使って作る、りんご灯篭作り体験

前日に漉いて乾燥させたりんご輪紙を、りんご型の灯篭の骨組みに貼り付けていき、自分だけのりんご灯篭を作ります。青森県では約50種類のりんごが栽培されており(*2)、味だけでなく大きさも様々です。灯篭の骨組みの大きさは、青森県で栽培されている、御所川原(ごしょがわら)(小)、つがる(中)、むつ(大)をモデルにした3種類から選べます。また、実際にりんごを出荷する際に使用するりんご箱と、同じ作り方でできた木箱に入れて持ち帰れます。旅の思い出と共にインテリアとして飾るのもおすすめです。
*2 参照:青森県りんご対策協議会「青森りんご 公式サイト」 https://www.aomori-ringo.or.jp/overview/volume/

「私だげのりんごっこ作り」概要
期間    :2022年9月1日~11月28日
場所    :あおもり工房
料金    :1名 4,400円(税込)
含まれるもの:りんご輪紙漉き体験、りんご灯篭作り体験
時間    :1日目 りんご輪紙漉き体験 16:00/16:20/16:40
2日目 りんご灯篭作り体験 10:00
所要時間  :1日目 約20分(乾燥時間は除く)/2日目 約60分
定員    :1日目 各回2組(1組1~2名)/2日目 6組(1組1~2名)
対象年齢  :7歳(小学生)以上
予約    :公式サイト(https://hoshinoresorts.com/ja/hotels/aomoriya/)にて
宿泊日の3日前まで受付
備考    :状況により、体験内容が変更になる場合があります。

<参考情報>
りんごを再利用する「輪」、地域との連携の「輪」で「りんご輪紙」

りんごの生産量が日本一の青森県(*3)では、りんごジュースやりんごジャムなどの加工も盛んです。その際に出る残渣(ざんさ)(絞りかすのこと)は年間約400トンが利用されず、それを廃棄するためだけに数千万円が費やされています。りんごの種や皮、茎などを含む残渣を再利用するため、和紙に混ぜ、作られたのがりんご輪紙です。りんご輪紙は地域の企業や行政で使用されたり、名刺やうちわなどに活用されています。(*4)
*3 参照:青森県りんご対策協議会「青森りんご 公式サイト」 https://www.aomori-ringo.or.jp/overview/volume/
*4 参照:ゲインズ株式会社 りんご輪紙プロジェクト https://rengo.gainz.co.jp/

<関連情報>
りんご輪紙でできた高さ約2mの「巨大りんご灯篭」


じゃわめぐ広場に、2021年の秋の体験プログラム「巨大りんご灯篭づくり」で完成した高さ約2mの「巨大りんご灯篭」を展示します。プログラム参加者がりんご輪紙制作体験で作った紙を針金の骨組みに貼ってできた、りんごの形をした巨大な灯篭です。家族や友人とともに記念写真を撮影できるおすすめスポットです。

時間:終日
場所:じゃわめぐ広場
料金:無料

<最高水準のコロナ対策宣言>

【1】衛生管理
星野リゾートでは、コロナ対策の一環として、お客様の健康と公衆衛生を考慮し、以下の対応を行っております。
・チェックイン時の検温実施
・通常の客室清掃に加え、ホテル館内のアルカリ電解水による清掃と拭き上げ
・館内各所、全客室に除菌用アルコールを設置
・レストラン入店時に全てのお客様へ手指のアルコール消毒を実施
・食器類(お皿、グラス)やカトラリーの高温洗浄(80度以上)、食事用トレイの除菌洗浄
・フロントにパネルやビニルシートなどのパーテーションを設置
・館内での接客業務の際にマスクを着用
・スタッフの健康と衛生面の管理徹底(出社前の検温と記録確認)
・湿度40%以上を保つ加湿器を全客室に設置(星のや東京、沖縄県内の施設を除く)
・レストランにおけるメニューのQRコード化(界ブランド全施設)

【2】3密回避
密閉、密集、密接の3つの「密」を回避する滞在を作るべく、以下の対応を行っております。
・大浴場の混雑度がスマートフォンで分かる「3密」の見える化および混雑予測サービス実施
・滞在中、混雑が確認された場所での、入所・入店規制
・レストランの混雑状況を管理し、入店時間の分散化
・チェックアウトのフロント精算時に、入列規制を適宜実施
・パブリックスペースへのCO2(二酸化炭素)濃度測定器の配備
・自然換気、機械換気など、建物の設計にあわせた換気の徹底

関連資料:【星野リゾート】コロナ対策まとめ

星野リゾート 青森屋
「のれそれ(*青森の方言で目一杯の意味)青森 ~ひとものがたり~」をコンセプトに、青森の祭りや方言などの文化を満喫できる温泉宿。約22万坪の敷地内には、池や古民家が点在する公園もあり、食事や多彩なアクティビティを楽しむことができます。
〒033-0044 青森県三沢市字古間木山56/客室数 236室
https://hoshinoresorts.com/ja/hotels/aomoriya/

報道関係のお問い合わせ先

星野リゾート 広報
TEL : 03-5159-6323
MAIL : pr-info@hoshinoresort.com

報道関係向け資料について

プレスルームにご登録頂くとリリースや画像などがダウンロードができます。

資料ダウンロード

この施設のお知らせ

メルマガ購読はこちらメルマガ購読はこちら