星野リゾート

星野リゾート

  • 青森屋

【青森屋】馬車に乗って紅葉とりんごを堪能する 「紅葉りんご馬車」運行|期間:2022年10月1日~11月28日

  • 青森屋

青森の文化を目一杯満喫できる温泉宿「星野リゾート 青森屋」では、2022年10月1日~11月28日の期間、馬車に乗って紅葉とりんごを堪能するアクティビティ「紅葉りんご馬車」を運行します。秋が旬のりんごを味わいながら、紅葉で色づく公園の景色を馬車から楽しめるのが、本アクティビティの特徴です。今年は、馬車の中で旬のりんご5種類から好きなりんごを1つ選び、食べることができます。また、りんごジュースも一緒に提供するため、2通りの食べ方でりんごを味わえます。

背景
かつて名馬の産地として知られていた青森県南部地方では、馬は家族のように大切な存在でした。その文化を青森屋で体験してもらえるように、季節ごとに馬車を運行しています。青森屋の公園は、秋になると木々が色づき、紅葉を楽しめる場所です。秋の風物詩であるりんごと紅葉をどちらも楽しんでもらいたいという思いから、本アクティビティを考案しました。

特徴1 馬車に乗って紅葉狩り
青森屋の敷地内には公園があり、秋になるとカエデやコナラ、ブナなどの木々が赤や黄、オレンジに色づき、紅葉狩りを楽しむことができます。馬車に乗って公園を巡ることで、ゆっくりと馬車の中でりんごを味わいながら紅葉を堪能できます。

特徴2 紅葉を眺めながら、好きなりんごを5種類の中から選んで味わえる【Power Up】
青森県では約50種類のりんごが栽培されており(*)、味だけでなく食感も様々です。甘味や酸味、食感などが異なる5種類から、好きなりんご1種類を選んで食べることができます。また、りんごジュースも一緒に提供するため、2通りの食べ方でりんごを味わうことができます。
(*)参照:青森県りんご対策協議会「青森りんご 公式サイト」
https://www.aomori-ringo.or.jp/overview/volume/

「紅葉りんご馬車」概要
期間  :2022年10月1日~11月28日
場所  :青森屋敷地内の公園
料金  :大人1,650円/小学生1,320円/未就学児990円(すべて税込)
時間  :9:00/9:30/10:00/10:30/11:00
所要時間:1周約20分
定員  :各回2組 1組4名まで
予約  :公式サイト(https://hoshinoresorts.com/ja/hotels/aomoriya/)にて宿泊日の3日前まで受付
備考  :天候や馬の体調により中止になる場合があります。
状況により体験内容が変更になる場合があります。

<最高水準のコロナ対策宣言>

【1】衛生管理
星野リゾートでは、コロナ対策の一環として、お客様の健康と公衆衛生を考慮し、以下の対応を行っております。
・チェックイン時の検温実施
・通常の客室清掃に加え、ホテル館内のアルカリ電解水による清掃と拭き上げ
・館内各所に除菌用アルコールを設置
・全客室に手指消毒用アルコールを設置
・レストラン入店時に全てのお客様へ手指のアルコール消毒を実施
・食器類(お皿、グラス)やカトラリーの高温洗浄(80度以上)、食事用トレイの除菌洗浄
・フロントにパネルやビニルシートなどのパーテーションを設置
・館内での接客業務の際にマスクを着用・スタッフの健康と衛生面の管理徹底(出社前の検温と記録確認)

【2】3密回避
密閉、密集、密接の3つの「密」を回避する滞在を作るべく、以下の対応を行っております。
・大浴場の混雑度がスマートフォンで分かる3密の見える化サービス実施(一部)
・滞在中、混雑が確認された場所での、入所・入店規制
・レストランの混雑状況を管理し、入店時間の分散化
・チェックアウトのフロント精算時に、入列規制を適宜実施

関連資料:【星野リゾート】コロナ対策まとめ

星野リゾート 青森屋
「のれそれ(*青森の方言で目一杯の意味)青森 ~ひとものがたり~」をコンセプトに、青森の祭りや方言などの文化を満喫できる温泉宿。約22万坪の敷地内には、池や古民家が点在する公園もあり、食事や多彩なアクティビティを楽しむことができます。
〒033-0044 青森県三沢市字古間木山56/客室数:236室
https://hoshinoresorts.com/ja/hotels/aomoriya/

報道関係のお問い合わせ先

星野リゾート 広報
TEL : 03-5159-6323
MAIL : pr-info@hoshinoresort.com

報道関係向け資料について

プレスルームにご登録頂くとリリースや画像などがダウンロードができます。

資料ダウンロード

この施設のお知らせ

メルマガ購読はこちらメルマガ購読はこちら