星野リゾート

星野リゾート

  • OMO3札幌すすきの

【OMO3札幌すすきの】アフタースキーにテンションあがる!こたつが設置された 「ゴンドラこたつ」登場

  • OMO3札幌すすきの

札幌市にある食の魅力がつまった街「すすきの」を楽しみ尽くす都市ホテル「OMO(おも)3札幌すすきの by 星野リゾート」に、2022年11月18日に「ゴンドラこたつ」が登場します。札幌国際スキー場で開業時に使用されていたスキー用ゴンドラを、当ホテルのパブリックスペース「OMO(おも)ベース」に設置。そのゴンドラの中にこたつを置きました。24時間利用可能な「OMO Food & Drink Station」で購入したお酒やおつまみ片手に仲間とおしゃべりが楽しめる場所に大変身!アフタースキーのテンションをあげちゃいます!ゲレンデはもちろん、アフタースキーも滞在を満喫できるので、幸せな夜更かしができること間違いありません。

背景
北海道最大の都市である札幌市には、「札幌国際スキー場」や「札幌藻岩山スキー場」など、6つのスキー場があります。どのスキー場も札幌市中心部から約1時間以内と距離が近いのが特徴。滑走日の天気やゲレンデのコンディションに合わせてスキー場を選べるので、札幌市はスキー旅行にとって最適な場所です。当ホテルは、スキーヤーやスノーボーダーが滑走後、ホテルに戻ってからもテンションがあがる体験を提供したいと考え、スキー用のゴンドラを活用することにしました。更に、冬の平均気温は氷点下にもなる札幌の冬でも快適に温かく過ごせるよう、ゴンドラの中にはこたつを設置。ゲレンデはもちろん、アフタースキーも満喫して幸せな夜更かしをしちゃいましょう。

「ゴンドラこたつ」の特徴
1 札幌国際スキー場で開業時に使用されていたスキー用ゴンドラを活用札幌市南区定山渓にある「札幌国際スキー場」で使われていないスキー用ゴンドラを、館内のパブリックスペース「OMOベース」に設置します。このゴンドラは1978年~1989年まで札幌国際スキー場で使用されていた、純国産スキー専用ゴンドラ国内初号機「スカイキャビン-4」です。スキーやスノーボード後に、ホテルに戻ってからもスキー旅行気分で夜更かしを楽しめます。

2 札幌の街とスキー場が一体となったデザインをゴンドラに施工今回、ゴンドラの窓には、スキーヤーがスキー場からすすきのまで楽しむ姿を描きました。これは、ホームゲレンデとして札幌国際スキー場を滑走して20年の、「AMAYADORI(アマヤドリ)」(札幌市中央区)の佐藤健一氏にデザインしていただきました。スキーも街も一体となり、札幌でのスキー旅行を楽しんでほしいとの願いが込められています。

3 ゴンドラの中に設置されたこたつで、ドリンクやおつまみを片手に夜更かしを楽しむ冬の平均気温は氷点下を下回る札幌。屋外で過ごして冷えた身体をゆっくりと温められるよう、ゴンドラの中にはこたつを設置しました。24時間気軽に利用できる「OMO Food & Drink Station」でドリンクやおつまみを片手に、ゴンドラの中のこたつに入って夜更かしを楽しめます。4人乗りのゴンドラなので、仲間と一緒にアフタースキーの時間をここで楽しんでほしいと考えています。

「ゴンドラこたつ」概要
期間:2022年11月18日~2023年4月2日
料金:無料
時間:24時間
場所:OMOベース
対象:宿泊者
定員:4名
予約:不要

札幌国際スキー場とは札幌市南区定山渓にあるスキー場。幅100メートル以上と広い初心者向けのコースから、パウダースノーでダイナミックな滑りが楽しめる上級者向けのコースなど全7コース。山頂付近は標高1100メートルで、日本海を一望できる眺めの良さも魅力です。札幌市中心部からは車やバスで約1時間とアクセスも抜群!スキー場の2022-23シーズンの営業は2022年11月18日開始を予定しています。
URL:https://www.sapporo-kokusai.jp/

【関連情報】スキーヤー、スノーボーダーのための取り組み
1 ウェアを着たままスキー場へ移動できる!送迎バスを毎日運行札幌国際スキー場への送迎バスを毎日運行します。地下鉄やバスを乗り継がなくても当ホテルの目の前からバスでスキー場に直行することができるので、移動のストレスを軽減。帰りもこのバス1本でいち早くホテルに戻れるので、すすきのでの夜更かしを楽しめること間違いなし!

期間:2022年12月2日~2023年4月2日
料金:大人1名片道3,000円(税込)
予約: 9日前までに公式サイトより要予約
備考:バスの時刻表などの詳細は公式サイト(https://hoshinoresorts.com/ja/hotels/omo3sapporosusukino/)にてご確認ください。

2 スノーWAXが選べる無料の「WAXAR(ワックスバー)」スノーWAXは、スキー場の雪質やその日の雪温によって板に塗るものが変わります。幅広い状況に対応できるように、雪温プラス15度〜マイナス30度に適応可能なスノーWAXを5種類取り揃えました。更に、OMOベースにワックスをかけられるスペースも用意します。滑走時の天候を考慮して、滑走前日や出発前に好きなスノーWAXを無料で塗ることができます。

期間:2022年11月18日〜2023年4月2日
料金:無料
対象:宿泊者

3 札幌市内のスキー場の積雪や気温の情報を毎日更新!「札幌ゲレンデ情報マップ」スキー場の情報をキャッチアップできる「札幌ゲレンデ情報マップ」をOMOベースに設置します。マップには、札幌市にある「札幌国際スキー場」や「札幌藻岩山スキー場」など、6つのスキー場が描かれています。毎朝、各スキー場の天候や雪質、気温など、最新の情報を集め、スタッフがそのマップに記載。スキー場に向けて出発する前に、各スキー場のその日のコンディションをチェックして、滑走する場所を選択できちゃいます!

4 スキーやスノーボードの乾燥スペースOMOベースにスキーやスノーボードの乾燥スペースを用意します。滑走後にスキー板やブーツをそのスペースに置き、しっかりと乾燥させることができるので、滞在中、良い状態でギアを保管することができます。

期間:2022年11月18日〜2023年4月2日
料金:無料
対象:宿泊者

5 札幌国際スキー場のリフト券付きプランを販売スキーヤーやスノーボーダーに最適な、札幌国際スキー場のリフト券付きプランです。当ホテルでリフト券を受け取れるため、札幌国際スキー場到着後には、手続きなしでゴンドラに直行できます。その他にも、24時間いつでも気軽に利用できるOMO Food & Drink Stationの利用チケットや滞在中コーヒーやカフェラテを無料で飲める特典も。スキーに行く前や帰ってきてからも快適に過ごせるプランです。

期間:2022年12月1日~2023年4月2日チェックインまで
料金:1泊7,700円~(2名1室利用時1名あたり、税込)
含まれるもの:宿泊、札幌国際スキー場1日リフト券、OMO Food & Drink Station 1,000円分の利用チケット、滞在中コーヒー無料
予約:公式サイト(https://hoshinoresorts.com/ja/hotels/omo3sapporosusukino/)にて1日前までに予約

【参考情報】
・OMOとは?「OMO」は星野リゾートが全国に展開する都市ホテルブランドです。ブランドコンセプトは「テンションあがる『街ナカ』ホテル」。地域と一体となって街を楽しみ尽くす旅を追求しています。全てのOMOで、街歩きをサポートするGo-KINJOサービスを展開。全国各地の11施設から「都市観光」の楽しさを発信していきます。

▼OMOをもっと詳しく知りたいなら▼
https://www.hoshinoresorts.com/brand/omo/

・数字でわかる、サービスの幅OMOのうしろにある数字は、サービスの幅を示しています。この数字があることで、旅の目的や過ごし方に合わせて最適なホテルを選ぶことができます。幅広い都市観光の旅をOMOがサポートしていきます。

<星野リゾートのコロナ対策>
星野リゾートでは「3密回避」と「衛生管理」の2つの対策軸を掲げ、温泉やプールのリアルタイムな混雑状況の見える化サービスや、新しいビュッフェスタイルの提供など、各施設において従来のサービスを進化させています。また、お越しいただく皆さまが安心して過ごせるような様々な滞在コンテンツを用意してまいります。

*詳細内容は下記よりご確認ください。
https://www.hoshinoresorts.com/information/topics/2020/12/94330.html

OMO3札幌すすきの by 星野リゾート
「幸せな夜更かし」をコンセプトに、ドリンク片手に気軽に参加できる食のガイドプログラムや、ご近所の飲食店をはしごするツアーなどを開催。お客様の幸せな夜更かしを叶える、食の魅力がつまった街「すすきの」を楽しむ仕掛けが満載のホテルです。
〒064-0805 北海道札幌市中央区南五条西6丁目14-1/客室数 226室
https://hoshinoresorts.com/ja/hotels/omo3sapporosusukino/

報道関係のお問い合わせ先

星野リゾート 広報
TEL : 03-5159-6323
MAIL : pr-info@hoshinoresorts.com

報道関係向け資料について

プレスルームにご登録頂くとリリースや画像などがダウンロードができます。

資料ダウンロード

この施設のお知らせ