星野リゾート

星野リゾート

  • 星のや
  • OMO(おも)
  • BEB(ベブ)
  • 日帰り施設

【OMO5沖縄那覇】【BEB5沖縄瀬良垣】【星のや沖縄】沖縄本島で個性あふれる食材を使用した料理を楽しみ尽くす「沖縄本島周遊 まーさん卒旅プラン」販売|期間:2022年12月24日~2023年3月31日

  • 星のや
  • OMO(おも)
  • BEB(ベブ)
  • 日帰り施設

日本の伝統や文化を活かしたおもてなしを追求し、国内外に60施設を運営する星野リゾート。沖縄本島にある星野リゾートの3つの施設「OMO(おも)5沖縄那覇 by 星野リゾート」(那覇市)、「BEB5沖縄瀬良垣」(恩納村)、「星のや沖縄」(読谷村)では、コロナ禍で卒業旅行が叶わなかった方や、他にはない卒業旅行を楽しみたい方に向けて、「沖縄本島周遊 まーさん*卒旅プラン」を販売します。沖縄本島を縦断しながら、個性あふれる沖縄ならではの食材を使用した料理を楽しみ尽くす限定プランです。OMO5沖縄那覇では、街をよく知るOMOだからこそオススメするグルメ情報、BEB5沖縄瀬良垣では窯焼きピザやビーチBBQ、星のや沖縄では好きなタイミングで気ままに食卓を囲う、客室での「ギャザリングサービス」を提供します。滞在中は食事だけでなく、国際通りの散策やサウナ、インフィニティプールなど冬でも楽しめるさまざまな体験も可能です。3泊4日の滞在を通じて、最高の思い出づくりを叶える旅を提案します。
*沖縄の方言で「おいしい」という意味

背景
遠出をしての旅行や、仲間同士で集まっての食事がなかなかできなかった時期が長く続きましたが、ようやく明るい兆しが見え、通常の日々を取り戻し始めています。沖縄本島にあるOMO5沖縄那覇、BEB5沖縄瀬良垣、星のや沖縄では、卒業旅行を検討している学生の方々に向けて、冬も暖かく過ごせる沖縄での最後の思い出作りを全力でサポートしたいという思いから、沖縄本島を周遊しながら楽しめる、3泊4日の宿泊プランを考案しました。

【1泊目】OMO5沖縄那覇

「OMO5沖縄那覇」のコンセプトは「バザールって、ちむどんどん♬」です。琉球王朝時代から独特の情緒を育んできた那覇の街全体を「バザール(市場)」と捉え、今に受け継がれるディープな那覇文化に、ちむどんどん(どきどきわくわく)する、楽しい旅を提案します。活気ある市場や迷路のような路地裏など、旅する人の好奇心をくすぐり、何回でも来たくなる那覇をご案内します。

1 那覇のグルメを楽しみ尽くすサポート!「Go-KINJO」サービス


都市ホテルであるOMOでは、那覇市内のたくさんの飲食店からOMOスタッフが厳選したご近所のグルメ情報を提供し、卒旅の思い出となる食体験をサポートします。王道沖縄グルメを網羅できるお店の組み合わせなど、オススメの“はしご”も提案し、間違いのない沖縄グルメを楽しめます。

はしごコース例
沖縄そば・チャンプルといった王道沖縄グルメを網羅する「王道満喫コース」
ちょっと意外な名産を沖縄ならではの食べ方で堪能する「脱・定番コース」
まるで常連さんの気分になれる、地元の方に愛される隠れた名店を巡る「DEEP 名店巡りコース」

*当プランに那覇でのお食事は含まれません。

2 沖縄周遊旅は那覇スタートが便利!スケジュールに合わせた滞在が可能

OMO5沖縄那覇は本島の玄関口である那覇空港から「ゆいレール」で一本の好アクセス。遅い時間のフライトでも安心してお泊りいただけます。またセルフロッカー(無料)をチェックイン前も利用できるので、早い時間に到着したらまずはホテルに荷物を預け、身軽に那覇観光をスタート!ホテルから徒歩7分の国際通りや、第一牧志公設市場、壺屋やちむん通りなどなど、1泊目はレンタカーを使わずに、異国情緒漂う那覇の街巡りを楽しめます。レンタカーを借りる場合も、国道58号線沿いと便利な立地です。

【2泊目】BEB5沖縄瀬良垣

2022年7月1日、沖縄本島屈指のビーチリゾートである恩納村の瀬良垣エリアにグランドオープン。24時間利用可能な「TAMARIBA(たまりば)」や、全部屋コンドミニアムタイプの客室でゆっくりのんびり、素敵な時間を過ごせます。

1 沖縄ならではの食材を使った窯焼きピザやビーチBBQ

沖縄を代表するゴーヤを取り入れた「ゴーヤサルシッチャ」や王道の「マルゲリータ」、4種のチーズを使用した「クアトロフォルマッジョ」などの計8種類のピザを用意します。様々な味が選べ、ボリュームのあるBEBピッツァは仲間とシェアするのにぴったりです。さらに、生ハムとサラミやカポナータなど、お酒によく合う様々なアラカルトから、午後のおやつや食後のデザートにジェラートも楽しめます。さらに、施設すぐ近くでビーチBBQも楽しめます(オプション予約)。器材や食材の用意など面倒な準備が不要で快適なBBQ体験です。

2 温水プール・サウナ登場/ナイトプールパーティーも開催
屋外プールが温水化され、冬でもプールを楽しめるようになります。夜にはナイトプールとしてオープン!ナイトプールを彩る照明や、より気分を盛り上げる音楽ブース、そして、ソファデッキやガゼボでくつろぎながら楽しめるドリンクカウンターを設置します。その他にも、プールサイドに設置するテントサウナは予約も料金もフリー!気軽にととのう体験ができます。

【3泊目】星のや沖縄

最終日に宿泊するのは、沖縄の贅沢を集めた、沖縄随一のラグジュアリーリゾート「星のや沖縄」。敷地は美しい海岸線に沿うように広がり、沖縄の史跡「グスク」からインスピレーションを得て作られた「グスクウォール」に囲まれています。施設の中には全室オーシャンフロントの客室のほか、一年中楽しめる海に開かれたプール、アクティビティの拠点となる道場など、多様なパブリックエリアが点在しています。ホスピタリティ溢れるスタッフのおもてなしで、卒旅の締めくくりを演出します。

1 客室で仲間と自由に楽しめる食事「ギャザリングサービス」


星のや沖縄の客室は全室がオーシャンフロントで、ベッドルームとリビングスペースのあるスイートルームです。旅の最終日の夕食は、客室内の広々とした「土間ダイニング」で楽しむ、グルクンや島らっきょう、もずくといった沖縄ならではの食材を使ったメニューです。あらかじめ下準備を済ませた状態で料理が届けられるため、簡単な工程を加えるだけでいつでも好きな時に出来立ての料理を味わえます。風が通り抜け、波音に包まれる「土間ダイニング」での夕食は、時間にとらわれずに自由にリゾートでの滞在を楽しむための、新しい食事スタイルです。大きなテーブルを囲み、出来立ての料理を味わいながら旅の思い出を語らうひとときを過ごせます。

メニュー例
・3種の貝の泡盛蒸し
・ローストビーフのインサラータ仕立て
・3種のまぜまぜお造り
・ジーマーミ豆腐
・グルクンの南蛮漬け シークヮーサー
・島らっきょう 浅漬け
・もずく酢
・ぼろぼろじゅーしー(沖縄風ぞうすい)
・黒糖プリン
・マンゴープリン

2 一年中楽しめる海に開かれたプール

敷地内には南国らしい植物が育ち、海と繋がるようインフィニティプールがあり、加温式で一年中 24 時間利用可能です。昼には青い海と空を望み、夕方には海に夕日が沈むサンセット、夜には水中照明が灯り満天の星とともに、水辺で優雅な時間を過ごせる場所です。プールは、水深の異なるエリアがパズルの様に組み合わされ、深さ 10cm の水盤のようなエリアでは、水着を着ることなく気軽に水と戯れることができます。

滞在スケジュール
<1日目>
10:00 羽田空港を出発
13:00 那覇空港に到着、ゆいレールまたはレンタカーで「OMO5沖縄那覇 by 星野リゾート」へ
15:00 OMO5沖縄那覇へ到着、チェックイン
17:00 ご近所のグルメ情報をもとに国際通りのグルメスポットを“はしご”で楽しむ

<2日目>
11:00 チェックアウト、リムジンバス(約90分)またはレンタカー(約60分)で「BEB5沖縄瀬良垣」へ
15:00 BEB5沖縄瀬良垣へ到着、チェックイン
18:00 ドリンク片手にナイトプールでおしゃべりタイム
20:00 沖縄食材を使ったBEBピッツァを仲間とシェア

<3日目>
11:00 チェックアウト、路線バス(約60~90分)またはレンタカー(約30分)で「星のや沖縄」へ
15:00 星のや沖縄へ到着、チェックイン
16:00 インフィニティプールから海に沈む夕日を眺める
18:00 大きなテーブルを囲みながら「ギャザリングサービス」でオーダーした夕食を楽しむ

<4日目>
10:00 星のや沖縄に隣接する「星野リゾート バンタカフェ」で朝食(別料金)を楽しみ、
海岸をお散歩
12:00 チェックアウト、リムジンバス(約90分)またはレンタカー(約60分)で那覇空港へ
15:00 那覇空港を出発
17:30 羽田空港に到着

「沖縄本島周遊 まーさん卒旅プラン」概要
期間:2022年12月24日~2023年3月31日
料金:55,600円~(2名1室利用時1名あたり、税・サービス料込み)
予約:星野リゾート公式サイト(https://www.hoshinoresorts.com/)にて3日前まで受付
備考:天候により実施内容が変更になる場合があります。

【ご予約に関するお問い合わせ先】
株式会社タイムデザイン
電話番号:TEL.0570-039866
営業時間:月〜金 10:00〜17:00(土日祝祭日は休業)
*レンタカーは予約画面内で別途お申し込みが必要です。
*空港は予約時にお選びください。

OMO5沖縄那覇 by 星野リゾート

2021年5月13日にオープンしたOMOブランド5施設目のホテル。沖縄県の中部や北部、離島にも好アクセスな拠点となる、沖縄県の最大都市「那覇」。琉球王朝時代から、独特の情緒を育んできた那覇の街全体を楽しみつくす、都市ホテルです。
〒900-0032 沖縄県那覇市松山1丁目3番16号/客室数 190 室
https://hoshinoresorts.com/ja/hotels/omo5okinawanaha/

星野リゾート BEB5沖縄瀬良垣

2022年7月1日、沖縄本島屈指のビーチリゾートである恩納村の瀬良垣エリアにグランドオープン。24時間利用可能な「TAMARIBA」や全部屋コンドミニアムタイプの客室で、ゆっくり、のんびり、素敵な時間を過ごせます。
〒904-0404 沖縄県国頭郡恩納村瀬良垣1860−4/客室数 105室
https://hoshinoresorts.com/ja/hotels/beb5okinawaseragaki

星のや沖縄

海と共に暮らす、琉球文化を昇華させた「グスクの居館」。沖縄の史跡から発想を得た「グスクウォール」と自然海岸に囲まれた敷地に、色彩豊かな畑と庭、海に臨む客室や沖縄文化を体験する道場が広がる、沖縄の贅沢を集めた海岸線に沿うリゾートです。
〒904-0327沖縄県中頭郡読谷村字儀間474/客室数 100室
https://hoshinoya.com/okinawa/

星野リゾート バンタカフェ

圧倒的な絶景とスケールを誇る国内最大級の海カフェ。海を見渡す崖の上から浜辺へと続く敷地内には個性豊かな4つのエリアがあり、その日の気分で見つけたお気に入りの場所で、沖縄らしいドリンクやフードが味わえます。
〒904-0327 沖縄県中頭郡読谷村儀間560
https://banta-cafe.com/

<星野リゾートのコロナ対策>
星野リゾートでは「3密回避」と「衛生管理」の2つの対策軸を掲げ、温泉やプールのリアルタイムな混雑状況の見える化サービスや、新しいビュッフェスタイルの提供など、各施設において従来のサービスを進化させています。また、お越しいただく皆さまが安心して過ごせるような様々な滞在コンテンツを用意してまいります。

※詳細内容は下記よりご確認ください。
https://www.hoshinoresorts.com/information/topics/2020/12/94330.html

報道関係のお問い合わせ先

星野リゾート 広報
TEL : 03-5159-6323
MAIL : pr-info@hoshinoresort.com

報道関係向け資料について

プレスルームにご登録頂くとリリースや画像などがダウンロードができます。

資料ダウンロード