星野リゾート

星野リゾート

  • 奥入瀬渓流ホテル

【星野リゾート 奥入瀬渓流ホテル】「氷瀑ライトアップツアー」小学生体験会のご報告

  • 奥入瀬渓流ホテル

~地元の小学生が体験会に参加し、地域の環境への理解を深めました~

奥入瀬(おいらせ)渓流沿いに建つ唯一のリゾートホテル「星野リゾート 奥入瀬渓流ホテル」では2024年2月8日、地元の魅力を改めて発見してもらう機会として「氷瀑ライトアップツアー」小学生体験会を実施しました。参加したのは、十和田市にある法奥小学校の9名です。子どもたちは奥入瀬渓流を知り尽くした渓流コンシェルジュによる「氷瀑ディスカバリー」での解説や、ワークシートを通じて、自然環境について知識を広げ、地域の環境について理解を深めました。

背景
奥入瀬渓流ホテルを運営する星野リゾートでは、その土地ならではの魅力や体験が「旅」を形作る上で欠かせない要素として考えてきました。当ホテルの目の前を流れる奥入瀬渓流は、国立公園内に位置し、国の特別名勝、天然記念物、国立公園の特別保護地区に指定されています。近年、世界的に環境保全の重要性が唱えられていますが、奥入瀬渓流では1943年から約80年、自然の保護と利用が両立されてきました。後世にもこの自然を残していくためには、地元の方々が地元の魅力を理解し、自然への関心を高める取り組みが重要だと捉えています。後世を担う子どもたちが自然を学び、地元への理解を深め、この先も守っていきたいという価値観を育てる機会にしたいという思いで、本取り組みに至りました。これまで、地元の子どもたちに向けて2022年には渓流オープンバスツアーの体験乗車会や、2023年の夏には奥入瀬コケ博士の体験会を実施してまいりました。今後も継続して子どもたちが自然に触れ、自然を考えるきっかけを提供していきます。

氷瀑ライトアップツアー開催までの経緯
当ホテルは、豊かな自然と四季折々の景色が広がる美しい場所に位置しています。しかし、冬になると青森県の観光客入れ込み数は他の季節の2分の1まで減少します(*1)。これに伴い宿泊者数も大きく減少するため、当ホテルは2016年まで冬季休業していました。冬季にも多くのお客様に来ていただくため、当ホテルはあまり知られていなかった奥入瀬渓流の冬の風物詩である氷瀑(*2)に注目し、その魅力を伝えるべく様々なコンテンツを打ち出してきました。氷瀑ライトアップツアーはそのひとつで、氷瀑をライトアップし幻想的な景色を楽しむツアーです。十和田市の協力のもと、ともに構想を練り上げ、2018年にツアーを開始しました。官民連携のもと毎年実施してきた当ツアーは、今では累計参加者数が41,000人(*3)を超え、冬の奥入瀬渓流の観光の代名詞となりました。
*1 令和3年青森県観光入込客数
*2 滝や湧水が厳しい寒さで凍りついたもの
*3 2024年1月末時点

地元の自然の魅力を再発見する特別講義「氷瀑ディスカバリー」実施
まず、氷瀑の魅力を感じ、地域の自然について考えてもらうために「氷瀑ディスカバリー」を実施しました。「氷瀑ディスカバリー」は当ホテルの渓流コンシェルジュが奥入瀬渓流の環境や、氷瀑のでき方、奥入瀬渓流の冬の観光などを楽しく伝える特別講義です。当日は十和田市にある法奥小学校の4年生~6年生と保護者を合わせて15名が参加しました。

ライトアップされた氷瀑の絶景を楽しむ
子どもたちはバスに乗車し、奥入瀬渓流へ出発しました。子どもたちが向かったのは、湧き水が凍り付いた奥入瀬渓流の名所「馬門岩(まかどいわ)」です。バスの車内では、子どもたちに氷瀑の美しさを体感してもらうために、渓流コンシェルジュが氷瀑の魅力や観察ポイントを工夫して伝えました。馬門岩に到着後、子どもたちが声を合わせてカウントダウンを行い、それに合わせて氷瀑が青く幻想的に照らし出されました。青く幻想的に照らし出された景色に、子どもたちは目を輝かせながら楽しみました。

ワークシートを用いて地元の自然の知識を深める
ただ自然を見るだけではなく、知識を深め、地元の自然の魅力を自身の言葉で伝えられるようになってほしいとの思いでワークシートを用意しました。これは、氷瀑ディスカバリーで学んだ内容をまとめ、実際に感じたことを自身の言葉で書き記すことができるワークシートです。体験後には「奥入瀬渓流や氷瀑についてもっと知りたくなった」「氷瀑の美しい景色を他の県の人にも見に来てほしい」などの言葉が挙げられており、子どもたちは地元の自然について考え、理解を深めることができました。

SDGsへの貢献について
奥入瀬渓流ホテルを運営する星野リゾートでは、経済価値と社会価値を両立するCSV経営(CSV:共通価値の創造)が重要だと考えています。SDGs(SDGs:持続可能な開発目標)をCSV経営を促進するためのフレームワークとして捉え、各施設でさまざまな取り組みを推進しています。当ホテルでの本取り組みは、SDGsの目標4「質の高い教育をみんなに」に寄与することを目指しています。

星野リゾート 奥入瀬渓流ホテル
奥入瀬渓流沿いに建つ唯一のリゾートホテル*。渓流が目の前に広がる露天風呂や岡本太郎作の巨大暖炉が印象的なロビーが癒しの空間を醸し出します。「渓流スローライフ」をコンセプトに心から満たされる滞在を演出します。
*2005年11月 奥入瀬渓流沿いにおける「リゾートホテル」を調査 自社調べ
所在地 :〒034-0301 青森県十和田市大字奥瀬字栃久保231
電話  :050-3134-8094(星野リゾート予約センター)
客室数 :187室・チェックイン:15:00/チェックアウト:12:00
料金  :1泊24,000円~(2名1室利用時1名あたり、税込、夕朝食付)
アクセス:JR 八戸駅・新青森駅から車で約90分
URL :https://hoshinoresorts.com/ja/hotels/oirasekeiryu/

この施設のお知らせ