星野リゾート

星野リゾート

  • そのほかの個性的な宿泊施設
  • 日帰り施設
  • リゾナーレ

【星野リゾート トマム】雲海テラスオープニングセレモニー2019を開催しました

  • そのほかの個性的な宿泊施設
  • 日帰り施設
  • リゾナーレ

北海道最大級の滞在型リゾート「星野リゾート トマム」では、2019年5月11日に、雲海テラスの営業を開始しました。営業初日である本日は、「雲海テラスオープニングセレモニー2019」を開催し約280名のお客様にご参加いだきました。*リリースしたバルーンには生分解して土に還る素材を使用しています。

2019年雲海テラス営業開始
本日のセレモニーでは、お客様それぞれの願い事が書かれた2019個の青と白のバルーンを大空へ放ちました。また、今年もたくさんの雲海が発生しますようにと願いを込めシャンパンオープンを行い、お客様にシャンパンをお楽しみいただきました。さらに、今年は雲海テラスまでの空中散歩を楽しんでいただくため、雲をデザインした「雲ゴンドラ」3台が本日より運行を開始しました。
シャンパンオープン
雲ゴンドラ

雲海テラス支配人より今年の雲海の発生(予想)に関してひと言「今年の夏は、くもりの日が多くなりそうな長期予報が発表されています。標高が高い雲海テラスでは雲の上に出ることが多くなり、滝のように流れ込む雲海の発生が多いシーズンになることを期待しています。皆様のご来場を心よりお待ちしております。」

雲海テラス100万人達成までの道のり
2006年 「雲海テラス」営業開始
2008年 「港デッキ」拡張、第二デッキ誕生
2011年 雲海の発生を勉強する「雲の学校」開始
2012年 「雲のしたカフェ&マルシェ」営業開始
2013年 ゴンドラ駅舎屋上に「灯台デッキ」が誕生。
2013年 シーズン年間来場者数10万人突破
2014年 累計来場者数50万人突破
2015年 雲海テラス10周年の記念セレモニーを実施。「Cloud Walk(クラウドウォーク)」が誕生2017年 「Cloud Pool(クラウドプール)」、「Contour Bench(コンターベンチ)」が誕生
2018年 累計来乗車数が100万人に到達、「Cloud Bed(クラウドベッド)」が誕生今後の取り組みと展開
2019年夏には、Cloud9計画の第6弾として新しい展望スポット「Cloud Bar(クラウドバー)」が誕生します。これは椅子の足がハシゴになっており、バーカウンター越しに雲海や朝日など絶景を眺めることができる展望スポットです。こちらは8月のオープンを予定しています。これまでオープンしたCloud Walk(クラウドウォーク)」、「Cloud Pool(クラウドプール)」と共に、本年度もより多くのお客様に雲海テラスでの魅力的な過ごし方を提案してまいります。

雲海テラス営業概要
期間:2019年5月11日~10月14日 *天候や気象条件により営業を中止する場合がございます。
時間:5:00〜7:00 (上りゴンドラ最終) *時期により営業時間が異なります。
料金:大人1,900円 小学生1,200円、ペット500円(いずれも税・サ込)
予約:不可
対象:宿泊者、日帰り共に利用可

報道関係のお問い合わせ先

星野リゾート 広報
TEL : 03-5159-6323
MAIL : pr-info@hoshinoresort.com