星野リゾート

星野リゾート

  • 界 仙石原

【界 仙石原】界 仙石原を創る人たち vol.2-Kathleen Caprario(キャサリーン キャプラリオ)-

  • 界 仙石原

古くから別荘地として発展し、美術館や博物館の点在する箱根仙石原に位置する、星野リゾート 界 仙石原では「アーティスト イン レジデンス 箱根仙石原」のイベントを通じて制作された12名のアーティストの作品が全ての客室に飾られております。
※アーティストインレジデンスとは、アーティストの成長の機会創出と社会におけるアートの普及を目的にしています。
界 仙石原を語る上で外せない存在である、12名のアーティストたちをご紹介していきます。第二弾となるアーティストはオレゴン州在住のKathleen Caprario(キャサリーン キャプラリオ)氏。
作品テーマ「Hokusai Dreaming」
(以下、Kathleen Caprario(キャサリーン キャプラリオ)氏へのインタビュー内容)
・箱根仙石原という土地から何を感じ作品を制作をしたか。
この絵の題名は、「夢見る北斎」です。日本へ来てから受けた影響、日本美術、そして、この箱根という場所への敬意を込めて創作しました。レジデンス期間中、観光で箱根の東海道へ行きました。わたくしは葛飾北斎の浮世絵「東海道五十三次」を美術の学生だった頃から知っていました。彼が素晴らしい一連の作品で描写した中の一つの宿場へ実際に訪れることになるなんて、感激いたしました。ですから、作品の中に貼り込んである北斎漫画は、わたくしの日本文化への感謝と敬意をあらわす概念的な引用です。わたくしが箱根で実際に経験した色、肌触り、風、山並み、虫、植物などのすべてを層状に表現したことで、わたくしの経験の同時性をひとつの作品として創り出しています。
・星野リゾート 界 仙石原へご宿泊のお客様へ
作品の部屋での見栄え、空間への溶け込み方を見て、本当にうれしく思います。わたくしの望みは、この作品が宿泊される方々を招き入れ、心の刺激になり、励ましになることです。実際に絵に触れ、作品と仙石原の自然が調和した客室でゆったりと流れる時間を感じながらお過ごしください。

■Kathleen Caprario(キャサリーン キャプラリオ)氏のインタビュー動画はこちら
■詳細:アーティスト イン レジデンス箱根仙石原の詳細内容はこちら
星野リゾート 界 仙石原の施設紹介はこちら

報道関係のお問い合わせ先

星野リゾート 広報
TEL : 03-5159-6323
MAIL : pr-info@hoshinoresort.com

この施設のお知らせ