星野リゾート

星野リゾート

  • OMO7旭川

【OMO7旭川】「サウナ プラトー」で ”ととのう”

  • OMO7旭川

北海道の中心に位置し、「行動展示」で全国的にも有名な旭山動物園、美しい四季を感じられる富良野や美瑛にも好アクセスな「旭川」。
大雪山連峰によって育まれたお米や野菜、道内各地からその日のうちに運ばれてくる海産物など、食の交差点としても知られ、街には約2000軒の飲食店が軒を連ねます。
そんな観光・グルメの魅力が満載の都市にある「星野リゾート OMO7旭川」ですが、最近では館内の地下1階にある「サウナ プラトー」が密かに人気を集めています。

サウナブーム到来

2014年に日本初のサウナ専門誌「Saunner」も創刊され、2015年に「マンガ サ道~マンガで読むサウナ道~」(*2019年にテレビドラマ化)の連載がスタートし、SNSの普及もあり徐々に人気が出始め、ここ数年「サウナ」がブームとなっています。
サウナーの口コミをまとめた「サウナイキタイ」など専門サイトも登場し、全国のサウナ施設を巡る「サ活」・「サ旅」といった言葉も生まれるほどです。

ブームで盛り上がる中、OMO7旭川の「サウナ プラトー」もテレビや雑誌など多くのメディアに取り上げていただき、全国のサウナーの方々にご利用いただいています。
旭川でグルメ・都市観光を楽しんだ後はホテルの戻り、サウナで ” ととのう “「サ旅」はいかがでしょうか?

サウナ プラトーの3つのポイント
■湿度が低く汗が噴き出す、室温90℃以上のドライサウナ
■視界ゼロ!気持ち落ち着く、室温48℃のミストサウナ
■水温15℃以下にこだわった、バイブラ水風呂
*バイブラとは、浴槽内に設置される泡を放出する機械のことで、水風呂に設置すると体感温度が下がる効果があります。

サウナ プラトー施設案内ページ≫

おすすめの ” ととのう ” 作法

1.サウナの前に、洗い場で身体を洗ってリフレッシュ。

洗い場で身体を洗います。ご入浴前の水分補給もお忘れなく。

2.旅の疲れを癒すように5分ほど、まずは身体を温めます。

手足を伸ばして寛げる42℃のバブルバスで、最初に身体を温めます。
浮力を感じてくつろぐことができる寝風呂もおすすめです。

3.身体をよく拭いてから入り、 5~15分ほど汗を流します。

男湯は90℃以上、女湯は76℃の高温(中温)ドライサウナです。5~10分を目安にしっかりと汗を流します。
時間をかけて汗をかきたい方には、ミストサウナもおすすめ。
48℃の低温サウナで、霧状に発散された蒸気が満ちており、椅子の上には水が流れているので身体への負担は少なく、ゆっくりと汗をかくことができます。

4.桶で水をすくって体にかけて、慣らしながら1分ほどクーリング。

サウナ プラトーの水風呂は15℃以下の低温にこだわっています。
バイブラ(泡が出る)水風呂でシャッキリとクーリングすることができます。

5.火照った身体を、ゆっくりとヒーリング。心と身体を落ち着かせます。

椅子に腰かけ、「ととのう」時間を味わいます。
ゆったりと心と身体がリラックスしてきたら、広々ウォーキングバスで歩行浴をしてヒーリング。
水温32℃の水温で腹部までの高さがある大きな浴槽です。
水分補給をしたら、サウナで汗を流すところから、2~3回ほど繰り返します。

入浴後のリラックスタイムをお楽しみください。

報道関係のお問い合わせ先

星野リゾート 広報
TEL : 03-5159-6323
MAIL : pr-info@hoshinoresort.com

この施設のお知らせ