星野リゾート

星野リゾート

  • 界 津軽

【星野リゾート 界 津軽】ねぷたのかわりまつり~準備風景~

  • 界 津軽

新型コロナウイルスの影響で、本来ならば、8月1日からはじまり毎年160万人が訪れる「弘前ねぷたまつり」が中止に追い込まれました。地元の活気にも影響がでる中、それでも祭りロスから立ち上がるために「星野リゾート 界 津軽」がてがける地元連携プロジェクト「ねぷたのかわりまつり」の準備風景とねぷた絵師のメッセージをご紹介いたします。

「ねぷたのかわりまつり」とは?

温泉旅館である「界 津軽」と弘前ねぷた絵師を束ねる「津軽錦絵作家協会」がコラボレーションし、期間限定の「ねぷた絵展示ギャラリー」の開催と本格的なねぷた絵付け体験セットの提供を行い、温泉旅行を楽しみながら、ささやかなまつり気分を味わっていただく取り組みです。誰も経験したことがない、弘前にねぷたのない夏。そんな異例の夏に、敢えて今年しかできないことに注目して企画されたイベントです。温泉旅館での滞在とともに、今年しか味わえない特別なねぷたの楽しみ方や、これまではあまり知ることができなかった舞台裏を垣間見ることができます。

 

「ねぷたのかわりまつり」の準備風景

開催に先立ち、7月20日に、巨大な鏡絵(武者絵)や見送り絵が次々と界 津軽館内に運び込まれました。
今回のイベントに向けて、津軽錦絵作家協会の全員の方が「疫病退散」「無病息災」「豊作祈願」などの思いをこめて、描きおろしてくださいました。

 

ねぷた絵師からのメッセージ

川村 麗巴(かわむら れいは)氏

「年に一度、津軽の人々が熱狂するねぷたまつり。そのまつりのエネルギーを盛り上げ、煽り立てるねぷた絵には、城下町弘前の歴史と伝統を感じさせる、勇壮で色鮮やかな武者絵と、そして裏面に描かれる見送り絵には、津軽の短い夏を見送るかのような幽玄で美しいものを、と心がけております。今年はコロナウイルスの影響で、まつりが中止となってしまいましたが、この「星野リゾート 界 津軽」で、300余年と続く伝統文化を、魂を揺さぶる津軽の夏を、皆様も感じていただけたら幸いです。」

なお、現在川村氏をはじめ津軽錦絵作家協会全員の作品を展示を開始しており、8月31日までご覧いただけます。展示しているすべてのねぷた絵作品に、作家の方からのメッセージを添えて、界 津軽の「津軽四季の水庭」「浮殿」にて展示中です。

中止さ負げねぇ、「ねぷたのかわりまつり」概要

■期間:2020年7月23~8月31日
■場所:星野リゾート 界 津軽 「津軽四季の水庭」「浮殿」
■見学対象:宿泊者

▼内容詳細はこちら
https://www.hoshinoresorts.com/information/release/2020/07/94680.html

▼界 津軽の夏のご滞在案内はこちら
https://kai-ryokan.jp/tsugaru/features/summer/index.html

報道関係のお問い合わせ先

星野リゾート 広報
TEL : 03-5159-6323
MAIL : pr-info@hoshinoresort.com

この施設のお知らせ