星野リゾート

星野リゾート

  • 星のやグーグァン

【星のやグーグァン】2021年9月18日~9月20日 中秋の名月を愛でる「幻月中秋」を開催 

  • 星のやグーグァン

台湾・台中市の郊外に位置する温泉リゾート「星のやグーグァン」では、2021年9月18日~9月22日の期間、中秋の名月をご家族で楽しめる催しを「幻月(ホァンユエ)中秋」と題してご用意します。
台湾では中秋節(ゾンチョウジェ)の祝日前後の時期(2021年の中秋節は9月21日)は、1年の中でも「家人團聚圓滿=家族が円満に集まる」日と言われています。コロナ禍でなかなか会うことのできていなかった家族と集まり、月を愛でながら、心温まる時間をお過ごしください。

麻薏(マーイー)の月餅

月餅というお菓子を食べたことがありますか?中華圏のお土産として有名ですが、これはもともと中秋節の祭祀のお供えものとして作られたものでした。祭祀が終わった後は家族で分けて一緒に食べたことから、月餅を食べるのは家族の集まりを象徴すると言われています。
本催しを開催中はご到着時にお茶と一緒に麻薏(マーイー)の月餅をご用意します。麻薏は台湾の中南部でのみ栽培されている、黄色い新芽の色が美しい台中特産の植物です。この麻薏を使った月餅を召し上がりながら、滞在中の計画を立ててください。

月夜のひとときを楽しむ音楽とおしるこ

夜は、月を楽しむ二つのおもてなしをご用意しています。一つ目は、台湾で古くから親しまれている伝統的な琴の古箏(こそう)の演奏です。遮るものがなく広々と空を見渡せるプールサイドで、古箏の美しい音色に耳を傾けながら見る月は、風情があります。二つ目は、夜空をイメージした、小豆のスープに満月とウサギをかたどったかぼちゃの白玉とミルク寒天を浮べた紅豆湯(ホンドウタン)、台湾風のおしるこです。湯上りラウンジにご用意しているので、温泉に浸かったあと、中秋の夜をお愉しみください。
【古箏の演奏】
場所:プールサイド
時間:19:00~~20:00
【紅豆湯】
場所:湯上りラウンジ
時間:18:30~21:00

扇上(せんじょう)の詩吟

古代の中国では、月の神に祈る祭祀を行った後に家族で集まり、月を眺めながら詩を読み、扇に書いたと言われています。前漢(紀元前206年~紀元前8年)の時代の成帝の女官であり、詩人でもあった班婕妤(バン ジエユゥ)がこんな詩を残しています。
新制齊紈素 (斉国(せいこく)産の白い練り絹を新たに裂きやぶる)
鮮潔如霜雪 (練り絹の穢れ(けがれ)なく清いさまは、霜や雪のようである)
裁為合歡扇 (その絹を裁断して合歡(ごうかん)の扇を作った)
團圓如明月 (丸い扇の様子はまるで明月のようである)
この詩は切ない恋心を絹に、丸い月を扇にかけて歌ったものですが、中国の古典には数多くの月にまつわる詩が残っています。星のやグーグァンでは、そんな昔の人の風習と月の美しさに思いを馳せながら、丸い扇に好きな詩や絵を描いていただける時間をご用意しました。ぜひ筆をとって唯一無二の扇を作ってみてください。

時間:16:00~17:30
場所:ウォーターガーデン内ガゼボ

「幻月中秋」の催し概要
期間:2021年9月18日~9月22日
場所:星のやグーグァン館内
予約:不要(宿泊者限定)
料金:無料

星のやグーグァン
標高3000メートル級の山々に囲まれ、深い渓谷がもたらす湧水と豊かな温泉を活かした「温泉渓谷の楼閣」。
自然に共鳴するような建築・ランドスケープデザインを特徴とする温泉リゾートです。
全室半露天風呂付の客室と、風と水を感じ
る開放的なパブリック空間、滞在シーンに合わせた料理など、谷關の自然と文化を身近に感じられる滞在を提案します。
台湾台中市和平区博愛里東關路一段温泉巷 16 号/客室数49室
https://hoshinoya.com

報道関係のお問い合わせ先

星野リゾート 広報
TEL : 03-5159-6323
MAIL : pr-info@hoshinoresort.com

この施設のお知らせ