星野リゾート

星野リゾート

  • 星のやグーグァン

【星のやグーグァン】庭師の小話 晩夏編 鳥のような花々

  • 星のやグーグァン

豊富な水が流れ、心地よい風が吹く、広大なウォーターガーデンには約100種類もの植物が育ち、季節ごとに異なる草花を楽しむことができます。ウォーターガーデンの庭は暑い夏が終わりに近づき、秋の気配が感じられる日が出てきました。少し弱くなってきた蝉と蛙の鳴き声と共に、ウォーターガーデンをゆっくりと歩いていると、夏から秋への四季の移ろいを感じることができます。今回の小話で紹介をする花々は、どれも明るい色の鳥のような姿から、鳥の名前で呼ばれている花々です。


中国語名:紅鳥蕉(ホンニャオジャオ) 日本語名:鸚鵡花(おうむばな) 学名:Heliconia psittacorum’Rubra’
ウォーターガーデンのガゼボエリアの一角に、赤い花をつけた高さ50cmから100cmほどの植物があります。幅の広い長い葉が見る人に涼し気な印象を与え、さらに鳥の形ような優雅な花が「天国に咲く花のようだ」、と言われることから、中国語では紅鳥蕉のほかに小天堂鳥(意味:小さな天国の鳥)と呼ばれています。
鸚鵡花の原産国はブラジルで南国を代表する観葉植物です。台湾での花言葉は「飛翔」、「遠くを眺める」、「崇拝」など。花の咲く高さがちょうど椅子に座った時の人の目線にあるため、晩夏の夜、ガゼボに座っているとちょうどこの花が目に入ります。その姿はまるで、水辺から赤い鳥たちが飛び立っていくところの様にも見えます。


中国語名:黃鳥蕉(ホァンニャオジャオ) 日本語名:黄鸚鵡花(きおうむばな) 学名:Heliconia psittacorum
季節のスイーツをふるまうプログラム「谷茶のひととき」を開催している湯上りラウンジの近くで今花盛りを迎えているのは、美しい黄色の花たちです。この季節に提供しているドラゴンフルーツのかき氷を食べながら、黄色の鳥のような姿の花を眺めるのはいかがでしょうか。
黄鸚鵡花もブラジルが原産の花で、黄色い細い花びらが重なって咲く姿がまるで、鳥のくちばしと翼のようです。花の咲く期間は長く、温暖な地域で育てやすい花です。
台湾での花言葉は、「自由奔放」です。明るく華やかなこの花を見ていると、自然と楽しい気持ちになってきます。もし落ち込むようなことがあったなら、ぜひこの花に近づいて、花のパッションを分けてもらってくださいね。

中国語名:天堂鳥 日本語名:極楽鳥花(ごくらくちょうか) 学名:Strelitzia reginae
そして最後に紹介するのは、ウォーターガーデンに植えてから丸2年経ち、ようやく花が咲いた、極楽鳥花です。色鮮やかな花をいくつもつけている姿から、しっかりと星のやグーグァンに根付いたことがうかがえます。
極楽鳥花は南アフリカが原産で、その色と姿がまさに極樂鳥に似ていることから、その名前がついています。この花の台湾での花言葉は「自由」ですが、日本の花言葉では、「気取った恋」や「恋の伊達者」など恋愛を連想するユニークなものがあります。大浴場へ続く渡り廊下の横にこの美しい花が咲いているので、探してみてください。

今回ご紹介した3種の花はどれも南国の鳥達に似た花でした。夏の終わりはなんだか寂しい気持ちになることもありますが、ウォーターガーデンに咲く、これらの鮮やかな花々を見ると晴れやかな気持ちにさせてくれます。また、星のやグーグァンではウォーターガーデンをスタッフによる草花の説明を聞きながら楽しむことのできるアクティビティ「草花散策」を開催しています。ご滞在時に、ぜひ参加してみてください。

星のやグーグァン
標高3000メートル級の山々に囲まれ、深い渓谷がもたらす湧水と豊かな温泉を活かした「温泉渓谷の楼閣」。自然に共鳴するような建築・ランドスケープデザインを特徴とする温泉リゾートです。
全室半露天風呂付の客室と、風と水を感じる開放的なパブリック空間、滞在シーンに合わせた料理など、谷關の自然と文化を身近に感じられる滞在を提案します。
台湾台中市和平区博愛里東關路一段温泉巷 16 号/客室数49室

報道関係のお問い合わせ先

星野リゾート 広報
TEL : 03-5159-6323
MAIL : pr-info@hoshinoresort.com

この施設のお知らせ

メルマガ購読はこちらメルマガ購読はこちら