星野リゾート

星野リゾート

  • 星のやグーグァン

【星のやグーグァン】新総料理長に加川仁が就任

  • 星のやグーグァン

台湾中央山脈の麓に佇む温泉リゾート「星のやグーグァン」に、2022年3月、日本、米国、シンガポールで25年以上の豊富な経験を持つ、加川仁(かがわ ひとし)が総料理長に就任しました。米国料理界のアカデミー賞とも称される「James Beard Award(ジェームズ・ビアード賞)」において、2003年に、「Greatest New York Chefs(グレーティスト・ニューヨーク・シェフ)」を受賞したほか、シンガポールでは、同国首相など、各国の政府要人に料理をふるまった経験も持ちます。国内外で培った技と感性、独創的な美意識をもって、日本料理の奥深くも繊細な「侘び寂び(わびさび)」の世界観を、日常から離れた自然豊かな谷關(グーグァン)の地で、台湾の食材や文化と共に表現します。

「旅は魔法」と題した会席料理
2022年3月から提供している会席料理は、「旅は魔法」と題し、一皿ごとに「旅」を連想させる、加川が就任後に初めて手がける料理です。一皿目の「出逢(であい)」は新しい場所に訪れたときの高揚感などの心境を表し、三皿目の「波光(はこう)」や五皿目の「越境(えっきょう)」は旅で出会う美しい景色と非日常的な雰囲気を表現しています。そして七皿目の「歓喜(かんき)」、八皿目の「静寂(せいじゃく)」で旅の余韻に浸り、最後の「名残(なごり)」で旅を締めくくりながら、次回の旅への期待を膨らませます。

メニュー紹介(一例)

出逢:カリフラワー マグロ ごま豆腐
素材の本来の味を堪能できるようにシンプルな味付けの3品を用意。カリフラワーのすり流しは、すりおろした野菜を煮込み、生クリームを加えることによって奥行きのある味に仕上げました。そのほか、角切りのマグロを醤油で味つけをして、山芋と混ぜ合わせた、マグロの山芋和え「霰(あられ)」と、雲丹をのせたごま豆腐はどちらも素材の相性がよいだけではなく、食感も楽しめる一品です。

越境:チョウザメのスフレ 伊勢海老
チョウザメは清らかな水源がある谷關地域で盛んに育てられている食材です。そのチョウザメにメレンゲを加え、伊勢海老や琥珀餡(こはくあん)と一緒に蒸してふわふわなチョウザメのスフレを作り上げました。チョウザメと伊勢海老を合わせることにより、複雑で深みのある味を楽しめる一皿は、本会席料理のハイライトとなります。


残響:酢の物
旬の魚介に黄身酢と発酵黒酢ジュレを合わせた酢の物は、さっぱりとした味わいで、次の一皿へつなげる口直しとして料理にメリハリをつけます。また、食材の色合いと器にこだわった、目でも楽しめる一皿です。

5月献立例
出逢(であい)カリフラワー マグロ ごま豆腐
温暖(ぬくもり) 潮一番だし 鯛
波光(はこう) キャビア 唐墨
薫風(くんぷう) マナガツオ
越境 (えっきょう) チョウザメのスフレ 伊勢海老
残響(ざんきょう) タラバガニ 水蓮菜
歓喜(かんき) 和牛 蛤だし
静寂(せいじゃく) 桜エビ飯
名残(なごり) ほうじ茶プリン 旬の果物


星のやグーグァン総料理長 加川仁のコメント
この度は、私にとって新天地である台湾で仕事ができることを、大変嬉しく思っております。グーグァンは、台湾の中でも奥深い自然豊かな渓谷が広がり、原住民が暮らすエリアです。原住民が大切に守ってきた食文化や地域の食材を取り入れつつ、ここでしか味わえない和食を提供していきたいと思っています。

会席料理「旅は魔法」概要
提供開始日:2022年3月14日
料金:1名 3,990台湾ドル(税込・サービス料別)
時間:17:30~、または19:30~
予約:公式サイト( https://hoshinoya.com/guguan/ )にて
対象:宿泊者限定
*入荷状況によって内容を変更する場合があります。

■星のやグーグァン
標高3000メートル級の山々に囲まれ、深い渓谷がもたらす湧水と豊かな温泉を活かした「温泉渓谷の楼閣」。自然に共鳴するような建築・ランドスケープデザインを特徴とする温泉リゾートです。全室半露天風呂付の客室と、風と水を感じる開放的なパブリック空間、滞在シーンに合わせた料理など、谷關の自然と文化を身近に感じられる滞在を提案します。
台湾台中市和平区博愛里東關路一段温泉巷 16 号/客室数49室
https://hoshinoya.com/zhtw/

報道関係のお問い合わせ先

星野リゾート 広報
TEL : 03-5159-6323
MAIL : pr-info@hoshinoresort.com

この施設のお知らせ

メルマガ購読はこちらメルマガ購読はこちら