星野リゾート

星野リゾート

  • 星のやグーグァン

【星のやグーグァン】今年で3年目の開催、地元小学生が職業体験をする「児童節(台湾子供の日)」イベントを開催しました

  • 星のやグーグァン

台湾中央山脈の麓に佇む温泉リゾート「星のやグーグァン」は、2020年より児童節(台湾子供の日)の時期に、地元の小学生を招待し、職業体験をするイベントを開催しています。3年目を迎える今年は、2022年5月20日に博愛小学校の六年生2名と五年生2名の児童を迎え、開催しました。毎年、ホテルの仕事について知ってもらい、地域の自然や文化についても学んでもらえる内容を組み込んでいますが、今年は、児童たちが、自慢したいグーグァンのスポットや文化を発表してもらう時間を新たに設けました。児童たちの視点で見るグーグァンはスタッフが知らなかったポイントもあり、当ホテルとしても新たな気づきがあり、よい機会となりました。

イベント開催の目的
山々に囲まれるグーグァンは、豊かな自然と温泉を中心に、観光産業で栄えてきた地域です。当ホテルは、グーグァン地域から台湾全体の観光を盛り上げたいという思いを持って運営しています。当イベントは2020年よりスタートし、今年で3回目の開催です。地元の児童たちにホテルの就業体験を通して将来観光産業の仕事への興味を持ってもらうことと、観光資源につながる地域の特色や文化を知ってもらうことの2つの目的で実施しました。

「おもてなし」の基本を学ぶ
「日本のおもてなしとは、自分の持っているもので成す、心のこもった接遇や歓待のこと」だと考えます。スタッフより、身だしなみはもちろんのこと、歩き方や立ち姿、話し方、笑顔について伝え、繰り返し練習をする時間を設けました。これらの基本要素を学んでいくことで、おもてなしへの理解を深めてもらうことができました。

ダイニングでサービスを体験する
学んだおもてなしの基本を実践する場として、ダイニングでのサービスに挑戦してもらいました。当ホテルでは、会席料理を提供しています。会席料理を提供する一連の流れを体験することで、おもてなしの大事な要素である細やかな気遣いや日本文化についても学んでもらえるのではないかと考えました。最初は緊張と不安もあり、ぎこちない動きでしたが、練習を重ね、緊張がとけた児童たちは、少しずつポイントを理解し、自信をもってサービスができるようになりました。

地域文化の魅力を発見する
星野リゾートは、地域魅力の創出をブランドプロミスの一つとしており、その土地でしか体験できないアクティビティを多く用意しています。今回は、児童たちに地域の魅力について話し合ってもらい、自慢したいスポットや文化を発表してもらう時間を設けました。発表内容は、スタッフが知らなかったポイントがありました。たとえば、川よく見られる苦花魚(クーホワァーユー)は、台湾の原住民族・タイヤル族の中では、大事なお客様をもてなす際に使う魚であり、お祭りやお祝いの時に提供することが多いなど、グーグァンに住んでいる児童ならではの着眼点は、スタッフにとっての気づきとなり、今後のアクティビティ開発のヒントにもなりました。今後も地元の人との大切な交流のひとつとしても、本イベントの開催を続けていきたいと考えます。

星のやグーグァン
標高3000メートル級の山々に囲まれ、深い渓谷がもたらす湧水と豊かな温泉を活かした「温泉渓谷の楼閣」。自然に共鳴するような建築・ランドスケープデザインを特徴とする温泉リゾートです。
全室半露天風呂付の客室と、風と水を感じる開放的なパブリック空間、滞在シーンに合わせた料理など、谷關の自然と文化を身近に感じられる滞在を提案します。
台湾台中市和平区博愛里東關路一段温泉巷 16 号/客室数49室
https://hoshinoya.com

報道関係のお問い合わせ先

星野リゾート 広報
TEL : 03-5159-6323
MAIL : pr-info@hoshinoresort.com

この施設のお知らせ

メルマガ購読はこちらメルマガ購読はこちら