※この鼎談は2020年5月7日に、オンラインで行われました

Vol.3旅でリラックス
ストレスからの開放で免疫力を高める

ヨッピー:
僕がこの機会に、観光業にたずさわる方々に提案したかったのは、業界のITリテラシー向上の呼びかけです。

新型コロナウイルスの時代に、観光業が生き残りのために対策でどういう手が打てるの、となった時に、「宿泊施設で出している料理やお土産をECサイトで売ろう」とか、「クラウドファンディングで寄付を集めよう」とか「未来の宿泊券を販売しよう」とか「新しいプランを作ってSNSで宣伝しよう」とか、全部ITが絡んできますよね。それ以外にも、たとえば現場のオペレーションの部分でチェックインを3密対策で無人化するにしても、ITの理解が必要になる。

このIT技術を上手く使いこなせるどうかで、新型コロナウイルスに対する対応力が高いか低いかにつながってくると思うのです。なので、そのあたりは誰かが音頭をとって業界全体を引き上げてくれるといいなと思っています。古い旅館なんかだとその辺が全くわからない方々もまだまだ多いはずなので、最前線でバリバリやってるITエンジニアの人たちがこういう業界にも参入して来ればいいなと思ってます。
星野:
現場でのIT活用という話でいえば、僕らが今までずっと懸念していたのは、高級なサービスとしてどうなのか、ということでした。そこが一気に今回の件で変わっていくかもしれません。
ヨッピー:
なるほど。

観光産業でIT活用がより進んだとき、どんなサービスがありえるのか

星野:
さきほど出張をテレビ電話で代用できちゃうという話をヨッピーさんがしてくださりました。それは前からみんなわかっていたのだけれど、意外に進まなかった理由は「失礼じゃないか」という感覚があったからだと思うのです。大事な話をするのに、お伺いしないなんて失礼じゃないか、という感覚です。

宿泊施設でいえば、チェックインはお出迎えしてお辞儀して、担当がお部屋までご案内しないといいサービスじゃないという概念が我々にはあったのです。ところが今回、新型コロナウイルスの影響で変わるかもしれないですよ。今まで失礼と思われていた無人サービスが、これからは安全でよいサービスということに転換されるなど。
ヨッピー:
そうですね。無人チェックインなら安心安全です、ということになりそうですね。
星野:
部屋の鍵なんかも、スマホで開くとかね。技術としては前からあったのだけれど、日本の温泉旅館としてはそっけないじゃないかというのがあった。
ヨッピー:
はい。
星野:
そのあたりは一気に変わる可能性はありますし、星野リゾートでも検討していきたいですね。

温泉は「密具合の見える化」で、
安心して入浴できるように

和田:
あと旅館で言えば「温泉をどうするか」って、対策が難しいのです。
星野:
液体のなかでウイルスは生き続けられるものなのですか。
和田:
エビデンスはありませんが、感染対策の基本は希釈することです。水で薄めてしまえば、基本的に感染力は減少するので。温泉も水の量が多いから希釈するじゃないかという話もあります。
星野:
星野リゾートでは、温泉の液体から感染するというより、温泉が混み合っているという状態が嫌われるだろうと思っています。それで6月から、大浴場にどれくらいの人がいるかというのをわかる仕組みを導入します。お部屋から大浴場にいくまでに、スマホで混雑状態をチェックできるのです。そして、空いてる時間を選んでもらう。現在の状況だけでなく、毎日の混み合っている時間も表示するようにして、分散して入っていただく。「今、何人いるだろう」と見てもらって入ってもらう。これは入り口のところにセンサーをつけるだけでできるシステムです。

温泉旅館「界 箱根」の壁一面が抜けた半露天の大浴場温泉旅館「星野リゾート 界 箱根」の壁一面が抜けた半露天の大浴場

ヨッピー:
そういう仕組みって、自社で開発していらっしゃるのですか。
星野:
ええ。情報システムを担う部署があり、そこのプロジェクトの一部として開発しています。
ヨッピー:
僕は銭湯が大好きでよく行くのですが、確かにそういうのがあればいいなあと思いました。銭湯も「密を避けてください」という張り紙がぺたぺたしてあって、銭湯によっては何曜日のこの時間帯が多いので避けてねとか書いてあったりするらしいのですが、それがリアルタイムでわかるといいですね。
星野:
「密具合の見える化」という、お客様への情報提供は積極的にしていこうと思っています。

ストレスが多い「withコロナ時代」だからこそ
安心安全な旅が必要とされる

星野:
和田先生にお伺いしたかったことが一つあります。免疫力ってそもそもどういうものなのでしょうか。
和田:
エビデンスとしては余りないので、何を食べたら、どうしたら、免疫力が上がるという確かなものはありません。ただ個々で体力をつけておくということは、対策が少ない中でもかなりいい面はあります。基本的に睡眠をよくとっていただいて、体調悪くしたときにも打ち勝てる体力を保っておいていただく。

対策が難しいなかでも良い面がある、免疫力向上と旅の関係性とは

星野:
なるほど。では睡眠とか運動とかは重要になりえますね。ストレスというのは免疫に悪影響ですか。
和田:
それはよくないです。ストレスはあらゆる病気の原因になり、ガンのリスクも高めるといわれています。
星野:
なるほど。旅にできることはそこにあると思うんですよ。ヨッピーさん。
ヨッピー:
はい!
星野:
旅というのはおいしいもの食べて、ゆっくり休んで、ストレスを解消していただくことができる。温泉旅館でいえば、温泉保養という言葉もあったくらいですから。免疫力にとってプラスだと思います。

ゆっくりしていただく旅というのが、これから新型コロナウイルス対策に貢献できる旅なのかもしれない
和田:
ありえると思います。移動中の対人接触も、家族で車などで移動される分には普段から一緒にいる人たちですから問題ない。また体調が悪い方は、無理してお越しいただかないというやり方はあります。

前向きに考えて、良好事例を作っていっていただければと思います。
ヨッピー:
前例はないけれど、やっていくしかないですね。
星野:
皆さまに安心してお越しいただける滞在の準備を着々と進めています。今回お伺いしたことも参考にしながら、新しい旅の様式を作り上げていきたいと思います。お二人には、いろいろと実践している過程でまたぜひお話を伺わせてください。今回はありがとうございました。

構成: 森 綾