Vol.1不思議な生物を学ぶ
ユーグレナ(ミドリムシ)とは
何ぞや?

せきね:
「ユーグレナとは何ぞや」という、初心者の第一歩を正確に知りたいですね。
星野:
まず、ミドリムシというのは虫なのかという、そこからですよ。お願いします。
出雲:
そこが一番大事なんですよ。
テレビとか新聞とか雑誌とか、メディアはいろいろあるじゃないですか。私、ラジオが一番楽しくて仕方ないんですよ。
星野:
私もラジオに行くと、結構時間が自由じゃないですか、テレビよりね。だからゆっくりしゃべれる。
出雲:
ラジオで私、何が楽しいって、もうとにかく聞いている人が「今日はミドリムシの人が来ました」と言われると、それを聴いたタクシーの運転手さんとか、美容院で髪の毛切っているときとかに、「え、今日、何でミドリムシがラジオに来たの?」というところから始まる。みんな間違って想像していて、イモムシとか毛虫が来たというイメージからスタートするので、もうタクシーでも美容院でも、「いや、何かミドリムシがラジオに来るなんて、もう世も末ね」って、言われたりする(笑)。

ミドリムシの話や近い将来の計画などを熱く語る出雲氏。365日、‘ミドリムシ’と同色のネクタイがトレードマーク。

 
最初に、そもそも皆さんが思っているのは虫というか昆虫なんですね。私がやっているミドリムシとは海藻なんですよ。水草とか、ワカメなの。みんなが思っているのはイモムシかもしれないけれど、ミドリムシの本当の正体はワカメなんですね。ここでもうみんなズコーッてなって、「えー、知らなかった。ずっとイモムシだと思っていて、もう恥ずかしい」となってくれる。実は海藻なんだと知ってホッとしている人がけっこう多い。その都度、「ああ、よかった。ここで知ってもらえて」と思いますよ。
星野:
だけどイメージ的には海藻という表現は……。微生物的な感じがしたんですけど、私は。
出雲:
ああ、なるほどね。そっちの考え方の人はプランクトンとか、植物プランクトンなんですけど、プランクトンというと、ああ、そういうことかと。
星野:
動いているし、目に見えないぐらい小さいし。まず、大きさから言うとどのぐらいなんですか?あれは。
出雲:
大きさね。0.05~0.1ミリ。
星野:
だから海藻というイメージよりも、0.05~0.1ミリの微生物というふうに言った方が、一般の人には分かりやすいかもしれないです。

微細藻類ユーグレナ(和名ミドリムシ)

出雲:
なるほどね。
星野:
私は最初に出雲さんから聞いた説明が一番わかりやすかった。光合成をしている植物は動かない。だけど、このミドリムシは、光合成をしているのに動いていく。昨日のお話だと、光の方にちょっと動くみたいな。そういう原生生物というような定義がぴったり。
出雲:
植物の永遠の悩みって、光のほうに動けないこと。人が間違って日当たり悪いところに植えたら、植物的には悲惨なんですよね。自分で陽当たりのいいところに移動できないから枯れて死んじゃうんですよ。でもミドリムシだけが唯一、お陽ひさまが無いと明るいところに行って光合成ができる。最高の生き物ですよね。
星野:
なるほど。だからウニュウニュ動けるけど植物のような生き方なんだ。
出雲:
これでもうミドリムシ博士ですよ。(笑)

ミドリムシとの運命的な出逢いは
ガンダム世代が憧れた
‘地球連邦軍’がきっかけ?

星野:
で、そのミドリムシがすごいことになるという話なんですけど、ミドリムシに目を付けたのは随分前なんですね。
出雲:
二十歳の頃です。
星野:
そのきっかけを。
出雲:
もちろん、何度でも。よく誤解されるんですけど、小学生の時から、ミドリムシ好きの変な子じゃなかったんですよ。(笑声)
高校1年生の時にテレビで見たアニメ『ガンダム』がきっかけなんです。主人公の父親が働いている地球連邦軍を見て、地球連邦軍は現代の国連に似ているなと思い、純粋に「国連はすごいところなんだ」と憧れていました。 その憧れから将来は国連に就職しようと思っていたんです、ずっと、ですよ。で、国連に就職するには、学生時代からインドやアフリカで修行すれば就職しやすいんじゃないかと、色々調べたんですね。そうしたら、バングラデシュが大変だと知ったんです。
星野:
それで実際にバングラデシュに行ったんですね?
出雲:
大学1年生の夏休み、バングラデシュに行ったんです。すると、現地では栄養失調でみんな困っていましたから、これはいかんと。この国に必要なのは栄養だと。その後、日本に戻ってからずっと栄養の勉強をして、栄養に詳しくなって、日本から栄養満点のものをバングラデシュに持っていこうと決めたんです。

振り返れば人生の重要な基点となった『ガンダム』の地球連邦軍、国連、バングラデシュなど、子供の頃からの夢や今に至るストーリーを語る出雲氏。

 
もう一つの理由は、バングラデシュに友達ができて、帰国の際に「いつかまた会おうね」と話すと、「いや、これが多分一生で最後の別れだ。出雲は、世界中で楽しいところが好きになって、バングラデシュのことなんて忘れちゃうだろうし…」と言ったんですね。「日本に来るお金がないんだったら、バイトして貯めればいいじゃん」と言ったら、「私たちはみんなパスポートもない。家が貧しくて、生年月日も適当で、親もそういうのが分からない。パスポートって、出生日を必ず書くじゃないですか。お金がないからじゃなくて、パスポートが取れないから日本に行けない。出雲はバングラデシュみたいな国にはもう二度と来てくれないだろうから、これが最後だ」と。
星野:
なるほどね。適当に誕生日作るしかないですね。
出雲:
そうなんですよ、私が18歳の時でした。
そんな話にびっくりして、「絶対来る!」と。でもその時には、栄養満点のものを持ってくるからと思い、栄養の勉強をしたんですよ。まさか、ミドリムシを持っていくなんて思わなかったですね(笑)、自分でも。
星野:
なにしろ、出雲さんはすべてが『ガンダム』から始まったんだから。
そこがすごいですよ。やっぱり純粋だったんですよ。
出雲:
でも高校生の純朴な時期はみんな、国連とか地球連邦軍しか興味ないですよ。
星野:
私なんか純朴じゃないですから。
出雲:
で、天邪鬼な少年は、国連とか地球連邦軍じゃなくて、何やっていたんですか?
星野:
とんでもないことというか、将来のことを考えているわけじゃないんだけど、目先のあれですよね。学校、先生らをいかにだまそうかとか。
出雲:
え、私が国連を考えていたときに、地球連邦のことを考えていたときに、星野さんは学校の先生を騙すことを…。

「全く正反対の思いで学生時代を送っていた!」と星野氏。
ユーモアを交え二人の天才たちの相反する学生時代を振り返る様子。

星野:
『ガンダム』見て、俺は国連に行って世界を救うんだみたいな、そんな純朴な人、いないよな。
せきね:
本当に!どちらかというと出雲さんの方が稀な存在かも。だからバングラデシュも国連も、ミドリムシとの出会いも、すべては出雲さんの‘運命’だという話を先ほどしたんです。持って生まれた運命。
星野:
けど、純朴な人ってあるパーセンテージでいると思うんですよ。突然変異の一つだから。あるパーセンテージでいると思うんだけど、その人がその純朴さを持ち続けてる。今何歳ですか?
出雲:
41歳です。
星野:
41歳まで維持している方が珍しい。そこだと思いますね。だいたい普通になっていくけど、夢を持ち続けて、こうやっていくというのが凄いと思いますね。