何度でもりたくなる名湯

湯めぐり手帖湯めぐり手帖

心や身体をほぐし、豊かな時間を過ごせる日本の温泉。
星野リゾートには、湯船から望む美しい景色や
心を落ち着かせてくれる香りなど、
五感で愉しめる個性豊かな温泉が数多くございます。
温泉ソムリエのかたあきこさんによる
温泉と美容の素敵な関係や入浴の効能もご紹介。

大切な人との距離がぐっと縮まる、
春の温泉の旅へでかけてみませんか?

share:

follow us:

  • facebook

温泉旅のススメ

「温泉に行きたい」「旅に出かけたい」と思う時、二つのサインが出ているように感じます。「疲れた、休みたい、リセットしたい」という静のサインと、「旬の味と季節を楽しみたい、ワクワクしたい」という動のサイン。心身の疲れを癒し、好奇心を刺激し、明日の元気まで与えてくれるもの。それが温泉旅の魅力です。
 旅先でいつも驚くのは、温泉地に暮らす皆さんの肌が綺麗で笑顔が素敵なこと。これはきっと、共同湯という社交場で磨かれたもの。温泉が湧く所に人が集まり、宿が立ち、旅人が訪れ、交流が生まれ、相手を思いやる気持ちが心を豊かに!
 旅は非日常。ふだんとは違う自然環境や旅館の美しい空間で、五感が刺激されたり、ほっとできたり、もてなしに癒されたり。温泉旅に出かけてゆったりとした時間を過ごしましょう。次第に笑顔が増えていくはずです。
「あの温泉旅館に行けば元気になれる」。そう安心できる場所が全国にあると人生がより楽しくなると思います。ぜひ温泉の旅へ!

のかたあきこ

旅ジャーナリスト。日本の「町・人・温泉・宿」をテーマに年間約150日取材。『旅美人SPECIAL』編集長、温泉ソムリエアンバサダー、日本温泉地域学会会員、入浴検定、銭湯検定、睡眠検定1級、睡眠健康指導士、サウナ・スパプロフェッショナル、傾聴スペシャリスト、準サービス介助士。
テレビ東京『ソロモン流』『厳選いい宿』出演後、旅のコメンテーターも行う。 http://nokainu.com

温泉と美容1〜入浴の効能〜

 春、パステルカラーの服を着て出かけたくなる季節です。薄着になって気になるのが、肌の露出とダイエット! 温泉に“痩せる即効性”はありませんが、デトックスとアンチエイジングは期待できます。美肌効果も。
 まず湯船に浸かるって素晴らしいんです。肩まで浸かれば体重が10分の1ほどに感じられますから、解放感とやすらぎが得られてリラックスできます(浮力効果)。同時に入浴中にかかる水圧で、内蔵は天然のマッサージを受けている状態(水圧効果)。加えて全身があたたまることで血のめぐりがよくなって(温熱効果、ポンプアップ効果)、老廃物を外に押し出してくれるのです。
 また自然豊かな温泉地、例えば海の温泉では波の音が、山の温泉では木々のそよぎや川のせせらぎなどが、五感を心地よく刺激してリフレッシュできます(転地効果)。
 こういった作用に、美肌成分など温泉の効能が加わります(薬理効果)。「温泉は体に効く」と思う気持ちも、プラスに働くといわれています(プラシーボ効果)。温泉は“心身を輝かせるサポーター”と言えますね!

温泉と美容2〜美肌泉質のこと〜

 温泉のスゴいところは、美肌を実感できることです。肌がなめらかになるというか、しっとり潤っているというか、翌朝の化粧のノリまで違うので驚いてしまいます。
 美肌泉質を代表するのは炭酸水素塩泉、硫酸塩泉、硫黄泉、塩化物泉。水素イオン濃度(pH)が7.5以上のアルカリ性の温泉も仲間です。
 炭酸水素塩泉やアルカリ性の温泉は、石鹸のような働きがあります。不要な角質を除き、毛穴の汚れを落として肌をなめらかにします。硫黄泉は血行を促進して老廃物を押し流しクリアな肌に。硫酸塩泉や塩化物泉は、塩分が肌を覆って水分や熱を逃げにくくし、潤い肌を持続。美肌サポートのメタケイ酸にも注目です。
 こういった温泉は肌の汚れを取りやすくしてくれるため、体を洗うのは湯舟に浸かった後がオススメです。それもゴシゴシこすらず、手で優しく洗う程度で十分。メイクは落としてから入浴を。熱で毛穴が開き、温泉成分をより吸収しやすい状態にしてくれるからです。

春に行きたい温泉宿春に行きたい温泉宿

旅ごころ、動きだす!春の喜びを感じる温泉へ旅ごころ、動きだす!春の喜びを感じる温泉へ

春、出会いとはじまりの季節です。おだやかな陽気の中、花の香り、草木の彩りに誘われて、旅ごころが目覚めてくる頃。
桜さんぽやスイーツめぐり、アートの旅まで、春の喜びを感じる温泉旅館へ出かけませんか?

カルデラの地が生んだ大自然にひたる

阿蘇

標高約1000mの阿蘇くじゅう国立公園内、阿蘇五岳を望む8000坪の敷地に温泉露天風呂付き離れが12棟点在。温泉は肌心地がよくて美肌の湯として女性に人気です。篝火が照らす夜の入浴は幻想的。新芽のまぶしい大草原を駆ける乗馬や、5月に見頃を迎える高山植物のミヤマキリシマなど、春は阿蘇周遊には絶好のシーズンです。

  • 界 阿蘇
  • 界 阿蘇

大分県/瀬の本温泉

施設サイトへ

椿待つ美人湯の宿で椿油づくり

伊東

四季の花が咲く日本庭園に癒されます。「温泉づくし花暦の宿」がテーマの宿で、館内に伊豆の四季の変化を感じられる装飾が見られます。椿の魅力に触れる「椿油づくり」はぜひ!自家源泉を持ち、カルシウム・ナトリウム-塩化物・硫酸塩泉は、肌に潤いとハリを甦らせる美人の湯。

  • 界 伊東
  • 界 伊東

静岡県/伊東温泉

施設サイトへ

極上の煎茶を楽しむ湖畔の温泉宿

遠州

全室が浜名湖ビュー。日本一の茶処をテーマにした宿づくりで、静岡茶を豊富に揃えて「日本茶再発見」の楽しみが盛りだくさんです。全国有数の塩分濃度を誇る温泉はナトリウム・カルシウム-塩化物強塩泉。近年女性に大人気の「はままつフラワーパーク」は車で5分。

  • 界 遠州
  • 界 遠州

静岡県/舘山寺温泉

施設サイトへ

桜咲く城下町で音楽と温泉三昧

松本

北アルプスの麓に広がる城下町、松本。4月、国宝松本城は桜色に染まります。その奥座敷、お殿様にも愛された浅間温泉は、肌をなめらかにするアルカリ性単純温泉。宿では客室露天風呂や8種13通りの大浴場で温泉が楽しめます。音楽の街にふさわしく、コンサートを毎晩開催。5月の「クラフトフェアまつもと」の拠点にも!

  • 界 松本
  • 界 松本

長野県/浅間温泉

施設サイトへ

自然との共生を五感で楽しむリゾート

星のや軽井沢

開業から15年が経ち、星のやの庭も美しく成長。草木を愛でながら集落を散策したり、隣接の「国設 軽井沢野鳥の森」をピッキオのガイドツアーで楽しんだり。客室は水辺や山並み、庭の眺望。内湯のメディテイションバスは、瞑想の空間。温泉効果も手伝って、気持ちがフラットになる不思議なひと時です。またトンボの湯の大きな露天風呂では、空を埋め尽くす星空と対面。源泉かけ流しで、泉質はナトリウム-炭酸水素塩・塩化物泉。なめらかな肌心地の美肌の湯を堪能する温泉アクティビティもぜひ!

  • 星のや軽井沢
  • 星のや軽井沢

長野県/星野温泉

施設サイトへ

のかたのオススメ温泉宿のかたのオススメ温泉宿

星野リゾート 界 霧島 高千穂峰に全室桜島ビューの温泉宿が誕生 黒豚、焼酎、霧島茶…、人と大地が育む美味を堪能
星野リゾート 界 霧島 高千穂峰に全室桜島ビューの温泉宿が誕生 黒豚、焼酎、霧島茶…、人と大地が育む美味を堪能星野リゾート 界 霧島

霧島連山の主峰・高千穂峰の中腹、標高約600mの地に、「界 霧島」は星野リゾートの温泉旅館ブランド「界」の17番目の施設として2021年1月29日に誕生しました。霧島錦江湾国立公園の大自然に抱かれ、全49室が桜島ビューです。19室には眺めのいい露天風呂が付き、好きな時に温泉が楽しめます。

全室が界の特徴である「ご当地部屋」です。界 霧島では「薩摩シラス大地の間」と名付け、ベッドボードに火山噴出物のシラスを用いた抗菌性のシラス壁で霧島連山を表現。薩摩和紙の照明や大島紬パネル、薩摩錫の調度品などを設えます。全館wi-fi完備で客室には大きなデスクがあり、ワーケションにも最適です。

注目はスロープカーで行く湯浴み小屋です。客室棟から50mほど下ったすすき野原に佇みます。内風呂は源泉掛け流しの「あつ湯」浴槽と、「ぬる湯」浴槽を用意。交互入浴で血行を促し、体の芯まで温めます。霧島神宮温泉は弱酸性の単純硫黄泉。強酸性の霧島温泉の仕上げ湯として知られ、やわらかな美肌湯です。

併設する露天風呂は絶景の特等席です。すすき野原の向こうには、桜島が錦江湾に浮かぶように見えます。夕日や満天星、霧模様など、刻一刻と表情を変える景色にも心身が癒されることでしょう。湯上がりテラスの黒酢ドリンク(坂元醸造)や霧島茶は、この土地ならではの特産品。体に優しい味わいをぜひ。

半個室の食事処で味わう夕食は、季節を楽しむ会席料理です。メインの「黒豚しゃぶしゃぶ」は黒豚を、アゴ出汁と削りたての鰹節の追い鰹で味わいます。白薩摩焼や龍門司焼といった器や、豊富に揃う芋焼酎も魅力。朝食は、さつま鷄を使う郷土のさつま汁やさつま揚げほか、鹿児島の味覚を存分に楽しめます。

毎夜開催の「ご当地楽」は、霧島九面太鼓保存会監修による演舞です。天上界から神が地上に降り立ち、第一歩を高千穂峰に記したとされる神話「天孫降臨」をスタッフが演舞で紹介します。高千穂峰登山口や霧島神宮へは車で10分ほど。壮大な自然と悠久の歴史を、温泉旅館で美味美酒とともに体感しませんか?

春夏秋冬、四季のある日本を楽しむ温泉旅。 これからもあなたの「湯めぐり手帖」には素敵なページが続いていくことでしょう!春夏秋冬、四季のある日本を楽しむ温泉旅。 これからもあなたの「湯めぐり手帖」には素敵なページが続いていくことでしょう!