何度でもりたくなる名湯

湯めぐり手帖湯めぐり手帖

心や身体をほぐし、豊かな時間を過ごせる
日本の温泉。
星野リゾートには、湯船から望む美しい景色や
心を落ち着かせてくれる香りなど、
五感で愉しめる個性豊かな温泉が数多くございます。
温泉ソムリエのかたあきこさんによる
夏ならではの温泉の楽しみ方もご紹介。

大切な人との距離がぐっと縮まる、
温泉の旅へでかけてみませんか?

share:

follow us:

  • facebook

温泉旅のススメ

「温泉に行きたい」「旅に出かけたい」と思う時、二つのサインが出ているように感じます。「疲れた、休みたい、リセットしたい」という静のサインと、「旬の味と季節を楽しみたい、ワクワクしたい」という動のサイン。心身の疲れを癒し、好奇心を刺激し、明日の元気まで与えてくれるもの。それが温泉旅の魅力です。
 旅先でいつも驚くのは、地元の方の肌が綺麗で笑顔が素敵なこと。これはきっと共同湯という社交場で磨かれたもの。温泉が湧く所に人が集まり、宿が立ち、旅人が訪れ、交流が生まれ、相手を思う気持ちが心を豊かに!
 旅は非日常。ふだんとは違う自然環境や旅館の美しい空間で、五感が刺激されたり、ほっとできたり、もてなしに癒されたり。温泉旅に出かけてゆったりとした時間を過ごしましょう。次第に笑顔が増えていくはずです。
「あの温泉旅館に行けば元気になれる」。そう安心できる場所が全国にあると人生がより楽しくなると思います。

のかたあきこ

旅ジャーナリスト、温泉ソムリエアンバサダー、まちづくり人案内人。旅と温泉と地域活性をテーマに年間200日取材。
温泉観光士、厚生労働大臣認定温泉入浴指導員、日本温泉地域学会会員。旅館本・旅美人SPECIAL編集長。
テレビ東京『ソロモン流』、『厳選いい宿』レギュラー。 http://nokainu.com

夏の温泉の楽しみ方

「暑い時期に温泉?」という方、意外と多いのですが、夏こそ訪ねたい温泉地がいっぱいあるんです。例えば、涼を感じる渓流の温泉、ミネラルたっぷりの海の温泉、森林浴三昧の山の温泉など。湿度が高い日本の夏は過ごしにくい日々が続きます。少し疲れたなぁ、と感じたら、温泉旅行に出かけましょう。
 川のせせらぎや木々のそよぎを耳にしながら、ただぼんやりと、追い立てられることなく、のんびりする。あつめの温泉にザブンと浸かればさっぱりしますし、ぬる湯でじっくりと長湯をするのも夏の温泉の醍醐味です。体の芯まであたたまり、血行がよくなって、老廃物を外に出す。これは温泉が持っている力。同時に、自然を五感で楽しむ環境が揃っていることがリフレッシュにつながります。
 夏は料理も楽しみです。色鮮やかな野菜や瑞々しい果実、清流育ちの川魚、海の幸などが登場します。旬の味覚を産地で気軽に味わえるのも、温泉旅館の大きな魅力です。

温泉旅"夏宿"選び方

 夏休みの旅先と宿選び、ワクワクしますよね。休みが重なる繁忙期は、早めの予約、平日予約が吉。満室でも直前にキャンセルが出ることがありますので、こまめに確認するのも手です。また宿によりますが、連泊の方が歓迎され、部屋を取りやすい場合があります。
 温泉地選びですが、リフレッシュのための温泉旅行も、無理な入浴法や温泉地選びで体に負担をかけてしまうことがあります。非常に疲れを感じている時は、標高1000m以上にある山の温泉はできるだけ避けた方がいいでしょう。高山は気圧が低く、朝晩の気温差が激しく、心肺に負担をかけやすいからです。
 一方、森林の温泉地は緑の心理的安らぎが得られやすく、そよ風や川のせせらぎがあればなお、心を落ち着かせる「1/f ゆらぎ」が自然現象の中に見られます。海辺の温泉地も、緊張感から解放されるのでオススメです。
 入浴は湯あたりを防ぐため、1日3回を目安に。入浴前後の水分補給をお忘れなく!

夏に行きたい温泉宿夏に行きたい温泉宿

涼を感じる大自然の温泉&リゾートで夏の休息旅涼を感じる大自然の温泉&リゾートで夏の休息旅

夏こそ、自分ケアの温泉旅行へ出かけませんか。涼を感じる大自然の温泉では、水の流れや日の光、
そよ風に癒されてリフレッシュできます。温泉と食の力で元気のチャージを!

涼やかな川辺の旅館で温泉休暇

箱根

須雲川に向かって開かれた半露天風呂に、対岸の山の樹が映ります。みずみずしい葉の緑の色彩がきれいです。全32室がリバービューの宿で、半露天風呂は自然と一体になる絶景の特等席です。泉質はナトリウム-塩化物泉。塩分が体を包み水分蒸発を防ぐため、肌の潤いがUPします。

  • 界 箱根
  • 界 箱根

神奈川県/
箱根湯本温泉

施設サイトへ

国際避暑地の絶景を楽しむ湖畔の宿

日光

日光国立公園内中禅寺湖周辺は、明治時代から国際避暑地として発展しました。当時の別荘が残るレイクサイドに宿は立ち、ほぼ全室がレイクビュー。湖風を感じる露天風呂は、男女ともに岩造りのものが常時1つずつあり、さらに男女入替制で木造りの露天風呂もあります。優しい肌触りの温泉はpH9.5のアルカリ性単純温泉。無色透明でわずかに硫黄が香る美肌の湯です。

  • 界 日光
  • 界 日光

栃木県/中禅寺温泉

施設サイトへ

夏休みの親子旅!思い出づくりの宿

リゾナーレ熱海

熱海の高台にあり、全81室がオーシャンビュー。内湯に隣接する露天風呂からは相模湾や温泉街を一望できます。泉質は保温効果の高いカルシウム・ナトリウム-塩化物硫酸塩泉。ホテル最上階にはビーチを再現した「ソラノビーチ Books&Cafe」や、樹齢300年を超える楠のツリーハウス「森の空中基地くすくす」など、家族で楽しめる空間がいっぱい!

  • リゾナーレ熱海
  • リゾナーレ熱海

静岡県/熱海温泉

施設サイトへ

浴衣と湯下駄と湯籠で外湯めぐり

加賀

浴衣でそぞろ歩きが楽しい季節。開湯1300年の山代温泉の名物「総湯」「古総湯」へは、湯籠を持って出かけましょう。宿はこの二つの共同浴場の前に立っています。江戸時代創業の旅館を継承し、加賀の伝統建築部分はそのままに残し、赤壁などの意匠を復元。加賀伝統工芸をあしらう客室には露天風呂付きも誕生しています。

  • 界 加賀
  • 界 加賀

石川県/山代温泉

施設サイトへ

のかたのオススメ星野リゾートの温泉宿のかたのオススメ星野リゾートの温泉宿

温泉街まるごとリノベーション!山口文化と“オソト”を楽しむ旅館が誕生
温泉街まるごとリノベーション!山口文化と“オソト”を楽しむ旅館が誕生温泉街まるごとリノベーション!山口文化と“オソト”を楽しむ旅館が誕生

川沿いのそぞろ歩きが楽しい温泉街

初夏には蛍舞う清流・音信川(おとずれがわ)のほとり。大小11軒の旅館が点在する山口県長門湯本温泉に、「星野リゾート 界 長門」が2020年3月12日にオープンしました。

JR新山口駅から車で1時間ほど。長門湯本温泉は萩市に隣接する長門市の郊外にあり、四季の彩りが映える谷あいの温泉地です。この自然環境と河畔より湧出する名湯を見直し、現代風に磨き上げる取り組みが、2016年より長門市と星野リゾートの協働で行われてきました。官民連携で目指したのは、「そぞろ歩きが楽しい温泉街」です。

3年を経てこの度、温泉街のリノベーションが完成。河川広場や周辺道路の整備が終わり、新築再開業した公衆浴場の恩湯(おんとう)が“集いの拠点”としてスタートするなど生まれ変わりました。

コンセプトは「藩主の御茶屋屋敷」

「星野リゾート 界 長門」は温泉街の中心に位置し、音信川に沿ってゆったりとした敷地が広がります。コンセプトは「藩主の御茶屋屋敷」。長門湯本温泉は開湯約600年を有する山口県最古の温泉地で、江戸時代には毛利藩主が度々訪れた名湯として知られます。その歴史を受けての宿づくりが行われています。

長屋門のアプローチを設け、客室は本館に30室、温泉露天風呂付きの離れ10室を用意。窓外の景色に癒されながらのんびりできます。 全40室が、ご当地部屋「長門五彩の間」と呼ばれ、山口県の伝統工芸「徳地和紙」「萩焼」「萩ガラス」「大内塗」と、「窓から見える四季折々の景色」の5つの特徴(五彩)を盛り込み、格調の高さを散りばめながらも親しめる空間になっています。

地元作家の器も素敵な地域色豊かな夕食

半個室の食事処での夕食は、季節を表現する会席料理。食材はもちろん、山口県で親しまれている烏賊をはじめとした魚介類、野菜や果物など、旬の豊富な素材を楽しめます。また、器には地元萩焼作家による器や、山口県唯一の桶職人により作られた桶をあしらうなど、味覚だけでなく器にもご当地の魅力を盛り込み、オリジナルで提供しています。

大浴場には源泉かけ流しのぬる湯浴槽と、熱めの浴槽があり、温冷交互浴を行えば、血のめぐりを促し、新陳代謝を高める効果があると言われています。泉質はアルカリ性単純温泉。肌馴染みがよく、しっとりする美肌づくりの湯です。併設する露天風呂では庭あかりや星空のもと、開放感が味わえリフレッシュできます。

泊まるほどに楽しさが増す温泉地を目指して

そぞろ歩きは、宿泊者専用の出入り口となる長屋門「あけぼの門」から。扉すぐには川に面した「あけぼのカフェ」がオープンし、山口の味覚「ゆずきち」や「夏みかん」を使ったどらやきなどを販売。カフェは立ち寄り利用もOKです。

夕涼みが心地よい季節。川沿いのテラスでのんびりするもよし、雁木広場でせせらぎに憩うもよし、川の飛び石で水しぶきを楽しむもよし、各旅館の川床プランも楽しみです。夜間照明が一新され、夜に映える写真スポットが増えました。

朝も昼も夜も、日帰りはもちろん、泊まれば更に嬉しい「オソト天国」こと、「そぞろ歩きを楽しむ」長門湯本温泉へ。ますますの交流を願って、温泉街全体を永続的に盛り上げる取り組みが、界 長門も含めた地元旅館と地域の有志で情熱いっぱいに行われています。

春夏秋冬、四季のある日本を楽しむ温泉旅。 これからもあなたの「湯めぐり手帖」には素敵なページが続いていくことでしょう!春夏秋冬、四季のある日本を楽しむ温泉旅。 これからもあなたの「湯めぐり手帖」には素敵なページが続いていくことでしょう!