何度でもりたくなる名湯

湯めぐり手帖湯めぐり手帖

心や身体をほぐし、豊かな時間を過ごせる日本の温泉。
星野リゾートには、湯船から望む美しい景色や
心を落ち着かせてくれる香りなど、
五感で愉しめる個性豊かな温泉が数多くございます。
温泉ソムリエのかたあきこさんによる
温泉旅のススメやとっておきの入浴法もご紹介。

大切な人との距離がぐっと縮まる、
冬の温泉の旅へでかけてみませんか?

share:

follow us:

  • facebook

温泉旅のススメ

「温泉に行きたい」「旅に出かけたい」と思う時、二つのサインが出ているように感じます。「疲れた、休みたい、リセットしたい」という静のサインと、「旬の味と季節を楽しみたい、ワクワクしたい」という動のサイン。心身の疲れを癒し、好奇心を刺激し、明日の元気まで与えてくれるもの。それが温泉旅の魅力です。
 旅先でいつも驚くのは、温泉地に暮らす皆さんの肌が綺麗で笑顔が素敵なこと。これはきっと、共同湯という社交場で磨かれたもの。温泉が湧く所に人が集まり、宿が立ち、旅人が訪れ、交流が生まれ、相手を思いやる気持ちが心を豊かに!
 旅は非日常。ふだんとは違う自然環境や旅館の美しい空間で、五感が刺激されたり、ほっとできたり、もてなしに癒されたり。温泉旅に出かけてゆったりとした時間を過ごしましょう。次第に笑顔が増えていくはずです。
「あの温泉旅館に行けば元気になれる」。そう安心できる場所が全国にあると人生がより楽しくなると思います。ぜひ温泉の旅へ!

のかたあきこ

旅ジャーナリスト、温泉ソムリエアンバサダー、まちづくり人案内人。旅と温泉と地域活性をテーマに年間200日取材。
温泉観光士、厚生労働大臣認定温泉入浴指導員、日本温泉地域学会会員。旅館本・旅美人SPECIAL編集長。
テレビ東京『ソロモン流』、『厳選いい宿』レギュラー。 http://nokainu.com

温泉入浴術きほんの「き」

 旅の移動で、体は意外と疲れています。宿に到着したらまずは休憩。お茶と添えられたお菓子を楽しみつつリラックスしましょう。これは入浴前のビタミン補給や糖分補給に役立ちます。
 入浴の回数は1日3回程度がベスト。湯あたりを防ぐためです。個人的にオススメの時間帯は、空の表情が楽しめる夕刻と就寝前と朝食前。
 温泉は体を芯からあたためて、血のめぐりをよくします。すると血中の酸素濃度が上がり二酸化炭素を排出。若返りや免疫力アップにつながります。気をつけたいのは水分補給。一度の入浴で500〜800CCの水分を体から放出します。脱水症状を避けるため、入浴前後にコップ1杯の水を必ず飲みましょう。入浴後のビールは消化器を活発に働かせるのでOK。ただし飲酒後の入浴は血圧が急上昇するため控える必要があります。食後は胃の消化活動を妨げないよう1時間半程あけて入浴を。

オススメ入浴法

 冬場は特に脱衣場や浴場内、露天風呂の気温差が激しいため、急激な血圧上昇などによる入浴事故が頻繁におきます。いきなり湯船にドボンは危険です。手足の先から体の中心に向かって順番に「掛け湯」をして、温泉を体に慣らすなど注意が必要です。これは湯船に浸かる前に体の汚れを落とすという、公衆浴場のマナーにもつながります。
 入浴中、体にかかる水圧は思っている以上に大きいのです。最大1トンとも。心臓に負担をかけないために、まずは浴槽の段差などを利用してみぞおちの深さまで浸かる「半身浴」が安心。肩まで浸かる「全身浴」では“3分浸かって、3分浴槽外で休憩”を3回行う「分割湯」が理想。額が汗ばむ頃が3分の目安です。ゆっくり上がり、立ちくらみ防止を。
 浴後3時間は温泉成分が皮膚に付着し体に吸収されます。温泉効果を持続させるためシャワーなどの「上がり湯」は基本的に必要ありません。

冬こそ行きたい温泉宿冬こそ行きたい温泉宿

温泉とスキーと雪見酒。あぁ、これぞ日本の冬!温泉とスキーと雪見酒。あぁ、これぞ日本の冬!

温泉がもっとも恋しい季節となりました。
寒い冬こそ、体の芯からあたたまりたい!1年のたまった疲れをとりたい!そういう心のサイン出ていませんか?
雪見風呂や海鮮・鍋料理、地酒にスノーレジャーなど、冬旅の楽しさいっぱいの温泉宿をご紹介します。

幻想的な冬の「ねぶり流し灯篭」

青森屋

庭園の池に浮かんでいるような露天風呂「浮湯」では、冬限定の「ねぶり流し灯篭」が行われています。ライトアップされた「ねぶた」が組まれ、水面に揺らめく灯篭を眺めながら湯浴みが楽しめます。トロリとした肌心地の温泉は、敷地内から湧出するpH9.16のアルカリ性単純温泉の美肌の湯。青森ヒバを天井や壁、湯船に使う「ヒバ湯」も香り豊かで肌触りもよく魅力です。

  • 青森屋
  • 青森屋

青森県古牧温泉

施設サイトへ

雪の会津磐梯山を楽しみ尽くす

磐梯山温泉ホテル

磐梯山中腹にあり、猪苗代湖を見下ろし、山々を仰ぐロケーション。東北エリア最大級のゲレンデ「星野リゾート アルツ磐梯」は徒歩0分。スノーアカデミーや道具レンタルが好評です。20年ぶりにスキー挑戦の私も、楽しく滑れました。アフタースキーは、塩分豊富な温泉で保温と保湿を。会津漆器がテーマの浴場です。

  • 磐梯山温泉ホテル
  • 磐梯山温泉ホテル

福島県磐梯山温泉

施設サイトへ

「里山時間」を楽しむ美肌湯の宿

川治

渓流に面した眺めのいい場所にあり、ロビーや客室からは四季に色づく山肌と対面できます。渓流の風を感じる露天風呂では月見も楽しめますよ。江戸時代より会津西街道の温泉宿場として親しまれた川治温泉は「傷の湯」として知られる弱アルカリ性の単純温泉。肌に優しい温泉でトロンとした感触。ナトリウムイオンや炭酸水素イオンなど美肌を高める成分も。紙すきや石臼挽きの黄な粉作りなど、里山の暮らしに根付いた知恵を紹介する「ご当地楽」も是非!

  • 星のや軽井沢
  • 星のや軽井沢

栃木県/川治温泉

施設サイトへ

水と芸術が織りなす癒しの地

奥入瀬渓流ホテル

十和田八幡平国立公園内にあり、奥入瀬渓流を眺められる唯一の宿。館内にも、すぐそばを流れる奥入瀬渓流を望む、絶景露天風呂があります。 冬には大自然に囲まれた空間で温かい温泉につかりながら、厳しい寒さで氷結した氷瀑をゆっくりと見ることができます。 八甲田から湧き出る、優しい肌触りのお湯で至福のひとときを。

  • 奥入瀬渓流ホテル
  • 奥入瀬渓流ホテル

青森県/
奥入瀬渓流温泉

施設サイトへ

のかたのオススメ温泉宿のかたのオススメ温泉宿

渓谷の湧水と豊かな温泉に癒される台中に「非日常を楽しむ」新リゾート誕生

台湾第二の都市・台中市の郊外にある谷關(グーグァン)温泉に2019年6月30日、「星のやグーグァン」が開業しました。「谷關」(關=関所)の名が示す通り、深いV字谷の続く渓谷の詰まり、標高900mの山あいに位置しています。

成田空港から台中空港へは直行便が結び、台中市内からグーグァンへは車で1時間半ほどです。ビル群の街並みはやがて、大甲渓(ダイコウケイ)という大河を従える渓谷美に変わります。山深くなると渓谷の緑は時折の霧で潤いを帯びて幻想的。どこか秘湯の風情が漂います。ほどなくして果樹園や温泉宿の看板が見えはじめると、グーグァンの温泉街に到着です。

「星のやグーグァン」は温泉街を見下ろす山の中腹にあり、3000m級の山々に囲まれています。ウォーターガーデンを中心にして、ラウンジやレストランのある本館、客室棟、温泉棟、プール、ガゼボが連なります。ウォーターガーデンは風や光が通り抜ける気持ちのよい場所です。木々の間を渓谷の湧水がめぐり、台湾固有の植物や野鳥、昆虫が観察でき、自然の豊かさを感じます。

水の恵みは同時に温泉を豊富にもたらし、大浴場と露天風呂は広々として爽快で、また全50室には自家源泉掛け流しの半露天風呂を備えています。客室は多くがメゾネットタイプ。扉をあけると、まずは壁一面の窓に絶景を写したリビング&ベッドスペースが広がります。もうワンフロアは丸ごとが温泉部屋。これはプライベートの充実、「裸になってゆっくりと自分時間を」という配慮です。

客室風呂はルーバーで開放感を調節する半露天風呂で、水庭や山々、そして光の移りゆく様を眺める特等席。星空や月も独占できるのです。温泉に身を沈め、体を解放する。ふわふわした弱アルカリ性の単純温泉は、なんだかすべてを受け止めてくれるかのように優しい肌心地です。心身、リフレッシュできます。

台湾国内からのゲストが多く、日本の温泉文化や懐石料理、もてなしに興味津々のようです。グーグァン温泉は明治時代に先住民のタイヤル族が発見し、日本統治時代から保養温泉地として知られてきました。タイヤル族には「先祖・家族を大切にする」文化があり、「星のやグーグァン」では自然と温泉ともに、地元スタッフによる人情味あるサービスも旅の思い出になることでしょう。 伝統菓子づくりやトレッキング、季節の催しをはじめ、この土地ならではのアクティビティが今後ますます楽しみです。ぜひお出かけください!

春夏秋冬、四季のある日本を楽しむ温泉旅。 これからもあなたの「湯めぐり手帖」には素敵なページが続いていくことでしょう!春夏秋冬、四季のある日本を楽しむ温泉旅。 これからもあなたの「湯めぐり手帖」には素敵なページが続いていくことでしょう!