雪どけを迎え、春を迎える東北。
花満開の東北の
おすすめスポットを紹介します。

鶴ヶ城(福島県会津若松市)

Tsuruga Castle

約1,000本の桜が咲きほこる鶴ヶ城。さまざまな種類の桜があるため、時期を変えて花見が楽しめます。
鶴ヶ城の屋根には幕末に使われていた赤瓦(あかがわら)が使われており、瓦の色と桜、お城の白壁のコントラストが美しいスポットです。

弘前公園(青森県弘前市)

Hirosaki Park

弘前城の周りに、約2,600本の桜が咲き誇ります。毎年4月下旬に行われる「弘前さくらまつり」は100年以上の歴史があり、毎年約200万人が訪れる人気のイベント。また、お城の周りの堀を花びらが埋め尽くす「花いかだ」と呼ばれる景色は圧巻です。

官庁街通り(青森県十和田市)

Kanchogai-dori

長さ約1キロメートルに渡り桜並木が続きます。十和田市は、アートの街としても知られており、通り沿いには「十和田市現代美術館」の作品や、町のシンボルである馬の彫刻が立ち並びます。桜とアートを一緒に楽しめるのは、この場所ならではの体験です。

菜の花畑(青森県横浜町)

Canola Flower Field

本州一の面積を誇る菜の花畑。毎年開催される「菜の花フェスティバル」では、一面の菜の花の中を歩く「菜の花大迷路」や、「よこはま菜の花マラソン大会」が行われます。菜の花を使ったスイーツも楽しめ、家族連れにおすすめです。