雪解けを迎え豊かな自然が
一斉に芽吹く東北の春。
東北エリアの星野リゾートでは、
春におすすめするお酒やお花見や
アクティビティ情報が満載。

磐梯山温泉ホテル

Bandaisan Onsen Hotel

磐梯山麓に位置するリゾートホテル「磐梯山温泉ホテル」。
春は、会津の郷土玩具「赤べこ」と「桜」をテーマにしたイベント「赤べこ花見」を開催します。
ホテル内のラウンジに、桜色のオリジナルの赤べこを約2,000体飾った「赤べこ桜」が登場し、会津民謡の生演奏、地酒の風味の違いを味わえる「花見酒セット」のご用意など、会津ならではの春の過ごし方をお楽しみください。

Recommendation

界 津軽

KAI Tsugaru

青森県の中でも、「界 津軽」が位置するのは、一年を通して四季の移ろいをはっきり感じていただける場所。電車で10分の弘前市は、弘前さくらまつりで有名です。
「界 津軽」では、母娘で楽しみたい「津軽 春色の母娘旅」が登場し、リニューアルオープンで誕生した「津軽四季の水庭」を、津軽の伝統工芸・金山焼で桜色に染め上げます。

青森県の中でも、「界 津軽」が位置するのは、一年を通して四季の移ろいをはっきり感じていただける場所。電車で10分の弘前市は、弘前さくらまつりで有名です。
「界 津軽」では、母娘で楽しみたい「津軽 春色の母娘旅」が登場し、リニューアルオープンで誕生した「津軽四季の水庭」を、津軽の伝統工芸・金山焼で桜色に染め上げます。

Recommendation

奥入瀬渓流ホテル

Oirase Keiryu Hotel

奥入瀬渓流沿いに建つ唯一のホテル「奥入瀬渓流ホテル」では、渓流の四季の移ろいを感じられる滞在を提案しています。
春は、溶けた雪から顔を出す苔が森の新緑より一歩先に緑色に変わり、春の始まりを告げます。
中でも、緑色の風船のような特徴的な胞子体を持つタマゴケが、そのかわいらしい見た目で人気を博しています。
春のこの時期にしか見ることができない苔の魅力をより多くの人に楽しんでいただけるように、タマゴケに焦点を当て、「春のタマゴケさんぽ」を考案しました。

「奥入瀬渓流ホテル」では、渓流の四季を感じる滞在を提供しています。一足先に雪の下から顔を出す「タマゴケ」を見るアクティビティで、春の訪れを感じることができます。

青森屋

Aomoriya

青森の祭りや方言などの文化を満喫できる宿「青森屋」。
寒さの厳しい冬を乗り越えた青森の人々は、待ち焦がれた春の訪れを満喫するためにお花見に力を注ぎます。
その熱意を表現するため、春の青森屋では2か月間にわたりお花見ができるイベント「たんげ花見まつり」を開催します。
中でも、日本で青森屋にしかない「津軽塗(つがるぬり)の馬車」に乗車でき、祭り囃子や春の青森ならではの食事が楽しめる「花見の時感(じかん)」は、1日1組だけが参加できる限定プログラムです。